|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


スタイリングテクニック

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「スタイリングテクニック」カテゴリーの記事

Post Title

仕立て屋のネクタイの結び方

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

fashion-601553_960_720

仕立て屋のネクタイの結び方

様々な書籍の中で多く見られる記述は、現代の最もクラシックなネクタイの結び目は、ダブルノットであると見ます。確かにダブルノットは昔からの基本的なネクタイの結び方です。

しかし、スーツのスタイルやシャツの襟の種類によって、ネクタイの結び方は変化してもいいと考えます。今回は意外にもあまり触れてこなかったネクタイの結び方について。

ネクタイの結び方の種類

今からご紹介する結び方以外にも、様々な結び方が存在し、時にはアレンジされ形の変わった結び方などもあります。

しかし、一般的かつ、実用性の高い結び方を、綺麗に結べた方が間違いないと思いますので、今回はそのような、基本的な結び方をご紹介します。

基本のシングルノット

IMG_9728

シングルノットとはその名の通り、ネクタイを一回巻きつけた一重巻きの結び方。元々はラルフローレンがワイドな幅のネクタイを生み出す前の結び方だそうです。

ralph-lauren-profile-by-bruce-weber11

厚みのあるカシミア素材やニット素材などを結ぶ際に、適した結び方です。タイのノット部分を小さくしたい時にオススメです。

長めのネクタイの時にダブルノット

IMG_9733

ダブルノットとは二重巻きの結び方です。最も基本的な巻き方だけに、しっかりとした形を保ちたい結び方。きつく締めても良いし、緩く締めても整う万能な結び方です。

左右対象の結び方、ウインザーノット

IMG_9726

イギリスのフィリップ殿下などはこのウィンザーノットを好んでよく結んでいます。

251268

イギリスのファッションアイコンでもあるウインザー公の行きた時代、彼の結び方はとても伝統的なものです。ノット部分は大きく、三角形の形に整えられます。

体にあったネクタイの長さも綺麗に結ぶために必要

正しいネクタイの長さは、ウエストラインまでネクタイの大剣先が着ていれば問題ありません。

ベルトをする人は、ベルトの上に先がかかるくらいがちょうど良いです。

当店でも大柄な人は、ネクタイの長さを指定してオーダーする方も増えています。

正しいネクタイの位置を守るためにも、ネクタイの長さは、体に合ったものを選びたいですね。

シャツとネクタイの関係

ネクタイの締め方によって、ノットの部分の大きさが変わることはわかっていただけたかと思います。ネクタイの締め方を選ぶ際に、ネクタイの素材や長さ、厚み以外に、シャツの襟の形を基準に考える場合もあります。

ワイドカラー

ワイドカラーは最も使用される襟の形です。ダブルノットなどが適しています。

IMG_9733

レギュラーカラー

やや襟の開きが狭いレギュラーカラーやタブを使用したタブカラーなどは、すっきりとシングルノットなどが適しています。

IMG_9728

ホリゾンタルカラー

襟の開きが広いホリゾンタルカラーなどは、ノットの大きくなるウインザーノットが適しています。

IMG_9726

高橋一生さんのネクタイの結び方

スクリーンショット 2017-12-14 10.39.13

(民衆の敵 公式ツイッターより)

衣装を担当させていただいた高橋一生さんは、劇中のネクタイはウインザーノットで締められているようです。ワイドカラーのシャツに合っていますね。議員さんのネクタイの締め方を調べてみると、ウィンザーノットが多く見られたことも関係しているのでしょうか。

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

カジュアル

カバードクロスのジャケットスタイル

スーツ

ゼニアのグレンチェックと市松模様の組み合わせ

ウエディング

ブルーのバーズアイで作るフェイズ2タキシード

スーツ

グリーンの深みをビジネススーツに

ウエディング

リゾートウエディングのデニム調カジュアルタキシード

スーツ

奥深いバーズアイの生地で仕立てるビジネススーツ

スタイリングテクニックスーツの新着記事

ウエディング

チェックベストを用いたモノトーンタキシードスタイル

スタイリングテクニック

別生地のベストを用意したビジネススタイル

スタイリングテクニック

秋冬オススメのスーツの着こなし方「温度変化に対応するビジネスコー…

シューズ

シューズの仕立て屋が実践する革靴のケア方法

ウエディング

ブルーの表情が爽やかなピークラペルのタキシード

スタイリングテクニック

チャコールグレースーツの着こなし方のおすすめ

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

生地ブランド

天然素材にこだわり抜いたイタリア「トラバルド・トーニャ」

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

  • 出張販売致します。


▲最上部へ