|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


スタイリングテクニック

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「スタイリングテクニック」カテゴリーの記事

Post Title

布の重さを考えるオーダー

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

weights-2704621_960_720

布の重さを考えるオーダー

当たりですが、布には重さがあります。

しかし、普段から毎日スーツを着る方でも「スーツの重さを考えた」という選び方がある方は少ないのではないでしょうか。

オーダー時に布の品質を知るための一つに「目付け」というものがあるというお話をしました。

今回はその目付けを考えることで、より快適なオーダースーツを作れるということを知っていただこうと思います。

生地の目付について | 俺のTailor(俺のテイラー)
生地の目付けについて 生地には目付というものが存在します。目付とは生地の重さのこと。 生地の品質を判断する材料の一つとして表されていますが、目付の意味を知ることで、着用するシーズンに合った生地選びをすることができます。  …

スーツに快適さを求める

スーツにフィット感やデザインだけでなく、快適さを求められるのが、素材から選べるオーダーメイドの大きな特徴の一つです。

スーツの快適性は、生地の重さ(目付け)、素材、伸縮性、そしてフィット感によって変わります。

この中で快適性に特に重要なものの1つが生地の重さ(目付け)です。

libra-2218367_960_720

目付けの軽い素材は体に軽く乗り、通気性を良くしてより涼しく保つことができます。

夏の暑い気候に適しているものです。

反対に、目付けの重い素材は暖かい空気を含み、寒い冬の時期に体を暖かく保つのに向いています。

それぞれの目付けに適した季節

  • 210〜250g 春夏用の生地で扱われる重さ
  • 230〜280g オールシーズンと呼ばれる重さ
  • 285〜360g ミドルウエイト。真夏以外着れる重さ
  • 360〜390g 冬用のスーツ生地などの重さ
  • 420〜570g コートに使用したり、希少なスーツ生地の重さ

国によって緯度が違うので、シーズンにおける気温にギャップがあり、オールシーズンにおける考え方が変わってきます。

夏の暑さが激しい日本のブランドではオールシーズンというと250gほど。

イタリアなどは270gなど、若干の差があります。

緯度の高いイギリスのブランドなどでは、300gのオールシーズンものも見られます。

目付けが重いことのメリット

ここまでの話だと、目付けが重いことのメリットとして、保温性しかないのではないかと感じます。

しかし、目付けが重い生地はスーツに仕立てた時、重さによる美しいドレープが生まれ、シワになりにくくなるという機能性もあるため、より洗練されたシルエットを生みます。

スクリーンショット 2017-10-13 10.45.34

より構築的なスーツで、堅実でしっかりとした印象をもたせたい場面では、目付けの多い重い生地を選択するのもいいと思います。

オーダー時の会話などで作りたいスーツの印象を汲み取るということもテーラーの仕事と思っていますが、お客様の与えたい印象や考えをお伝えしていただく事で最適な生地選びができると思います。

四季のある日本ならではの着こなしを

日本には四季があります。

オールシーズンの生地を使用して作ったスーツも、真夏は暑く、真冬は寒く感じる時があるはずです。

より個性を、そしてビジネスファッションを楽しみたい方は、季節に応じて使用する生地を考えて見てはいかがでしょうか?

 

スーツ・ジャケパン・タキシード・着こなしについてなど、なんでも。LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。(一時停止中)

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • ネクタイ・小物はオンラインでも購入可

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

未分類

2022-2023年秋冬シーズンがいよいよ始まります♪

ニュース

キックボクシング世界チャンピオン【瀧澤博人】選手とスポンサー契約…

ニュース

今季はカジュアルも拡大!春のオーダーシャツ感謝祭始まります♫

生地ブランド

伝統的なものづくり×最新のデザイン【サヴィルクリフォード】

生地ブランド

信頼たる英国の老舗ブランド【ウィリアム・ハルステッド】

生地ブランド

世界三大織元「フラテッリ・タリア・ディ・デルフィノ」2022年春…

スタイリングテクニックスーツ仕立て屋の提案の新着記事

スタイリングテクニック

仕立て屋が勧めるビジネスソックスの老舗「ハリソン」

シューズ

成人式に内羽根のストレートチップを誂える

スタイリングテクニック

ブラウンスーツの多様性

ウエディング

ALBENI1905(アルベニ1905)のビジネスネクタイ

カジュアル

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】

ウエディング

カジュアルウエディングの衣装を仕立てる

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

スーツ

スーツが変色してしまう理由

紳士服にまつわる用語集

梳毛と紡毛の違いと特徴

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

スタイリングテクニック

スーツの着こなしをダサくする7つの理由とは?仕立て屋が解説!

スタイリングテクニック

仕立て屋のネクタイの結び方

  • 出張販売致します。


▲最上部へ