|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

俺のTailorプロフィール

俺のTailor

俺のTailorをSNSでフォローするならこちら


紳士服にまつわる用語集

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「紳士服にまつわる用語集」カテゴリーの記事

Post Title

生地の目付について

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

IMG_8298

生地の目付けについて

生地には目付というものが存在します。目付とは生地の重さのこと。

生地の品質を判断する材料の一つとして表されていますが、目付の意味を知ることで、着用するシーズンに合った生地選びをすることができます。

生地の目付について

 

生地の目付とは

スーツに生地として使用されるウールの生地は150~155cm幅の生地がほとんどです。

目付とは、150cm×1mあたりの重さのことを言い、品質表示の欄には、「250g/m」などと表示されます。

 

 

この生地の場合1メートルあたり250gの目付となっています。

生地ブランドが自社で作った生地の見本など、例えばイギリスのハリソンズには、世界中で使用されるためか、グラム単位とオンス単位の両方が見られます。

スーツの重さを決めるフィット感

スーツは一般的に上下で3.2m使用します。

オールシーズン用で「250g/m」の目付の生地を使用すると、生地だけでは約800gの重さしかないということです。

裏地とボタンなどをつけても1000gと少しくらいでしょうか。

ロロピアーナのオールシーズン生地「FOUR SEASONS(フォーシーズンズ)」

このことからわかることは、スーツの生地が良いものだから軽く着心地が良くなるのではなく、それはフィット感によるものということです。

特に、ジャケットでは肩や、胸周りなどのフィット、パンツでは腰骨の上に乗るようなウエスト周りのサイズが重要です。

オーダーメイドの確かなサイズ感が、スーツの軽さを産み、快適さを得ることができます。

春夏生地、秋冬生地によって変わる目付

目付けによって、季節ごとに適した生地を見分けられます。

業界では、春夏生地の目付は240g以下、秋冬生地は260g以上とされています。

春夏生地

秋冬生地

 

この間の目付、つまり250〜260gの目付がオールシーズンなどと表記されます。

作られる地域によって変わるオールシーズンの感覚

生地の作られる地域によって、オールシーズンと呼ぶ目付が違います。

例えば、上でご説明したように、イタリア、ロロピアーナのオールシーズン生地、フォーシーズンズの目付は250g/mです。

一方イギリス、ハリソンズのオールシーズン生地、リージェンシーは、280g/mほどあります。

これは、イギリスが緯度が高く年間の気温が低いことから、イタリアに比べオールシーズンの目付の感覚が違うことなどがあります。

コートに使用される生地は何グラムくらい?

コートに使用される生地は、450g以上のものが普通です。

ちなみに生地に使われている素材がカシミアなどの繊維自体が軽量の場合、同じ保温力で軽いコートが仕立てられます。

この軽さがカシミアが人気の理由の一つでもありますね。

カシミア100%のコート

デニムの目付 オンス表示

ちなみに、デニムやティシャツはオンスと表記される場合が多いですが、これも目付けの一つです。

ちなみに15オンス表示の場合、目付けは約509g。

デニムの耐久性が高い理由の一つは生地が厚く、目付が思いということです。

 

スーツ・ジャケパン・タキシード・着こなしについてなど、なんでも。LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「俺のTailor」

筆者「俺のTailor」について

俺のTailorプロフィール

俺のTailorをSNSでフォローするならこちら

俺のTailor

埼玉県川越市のオーダーメイド専門店。

あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。

スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

詳細プロフィールを見る

俺のTailorに仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

俺のTailorプロフィール

俺のTailor

俺のTailorをSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

スーツ

フランネルの柔らかなチェックの表情

スーツ

幅の広いストライプと発色の素晴らしいバルベラのスーツ

スーツ

ベージュ無地のスーツを仕立てる

カジュアル

ハリスツイードのダブルチェスターコート

ウエディング

前カットの広いロングタキシードを仕立てる

ウエディング

グレーのフェイズ2タキシードを仕立てる

紳士服にまつわる用語集の新着記事

カジュアル

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】

スーツ

手縫いのボタンホールの話。

仕立て屋の提案

【スーツ講座】センターベントとサイドベンツはどう違う?

仕立て屋の提案

【スーツ講座】チェンジポケットとは?

カジュアル

輝きを放つ生地『ソラーロ』

仕立て屋の提案

夏に向けての新定番生地!?ストレッチ生地で作るスーツ

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

生地ブランド

天然素材にこだわり抜いたイタリア「トラバルド・トーニャ」

  • 出張販売致します。


▲最上部へ