|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


カジュアル

-

トレンドに左右されることなく、より個性を引き出すためのジャケット&パンツのスタイル。

ビジネスシーン、オフタイムのコーディネートの幅をより豊かにし、一味違う「オーダーメイド」ならではのサイジングと存在感を演出。

季節ごとに変化する素材を楽しめる、世界各国からセレクトしたファブリックを中心に、 ベーシックでクラシカルな色や柄からクリエイティブで独自性のある生地まで、豊かなコレクションを揃えます。

この記事は「カジュアル」カテゴリーの記事

Post Title

トレンチコートのオーダーメイド

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

トレンチコートのオーダーメイド

コートの王道とも言われるトレンチコート。

オーバーシルエットで体にゆったり合わせるトレンチコートは、オーダーメイドだとあまり馴染みがないかもしれません。

しかしタイトフィッティングで仕立てるトレンチも素晴らしく品があります。

逆に丈感などのギャップが少しでもあると違和感が出て来てしまいしっくりこない場合も。

通勤用、休日用、そしてフォーマルにも、汎用性の高いトレンチコートはオーダーメイドがオススメです。

トレンチコートとは

20世紀初頭、英国軍の依頼により開発されたトレンチコート。

第一次世界大戦の塹壕戦にて、このコートが活躍したことにより「トレンチ(塹壕)」の名がつきました。

それまでの軍用のコートというのは、ゴムを用いた繊維が使用されおり、これは雨風を防ぐには良いのですが、通気性がないため、快適ではありません。

現在のトレンチコートの通気性というは、このような戦争での兵士の快適さを求め、寒さの厳しい欧州での戦争にて防水コートが求められたことにより生まれ、開発されたものが起源です。

トレンチコートのディテール

最大の特徴はトレンチコートの戦争にて活躍した機能性の「デザイン」にあります。

肩にボタン留めのストラップ、これはエポーレットなどとも言いますが、水筒や双眼鏡や拳銃を吊り下げていました。

手首のストラップは、寒風を防ぐために付けられています。

ウエストのベルトも、腹部を暖かく保つために付けられていますが、トレンチコートらしいシルエットを生む、重要なディテールになっています。

右胸(肩)に縫い付けられた当て布は「ストームフラップ」と呼ばれ、襟を全てボタン留めした際に雨だれの侵入を防ぐための物です。

本来、男性用の服というのは右前合わせなので、右側のみ付いているというわけです。

脇ポケットは、現在では手を入れたり物が入るようにポケットの袋になっていますが、当時はコートの内側のジャケットなどに手が届くようただの切り込みだったようです。

バックデザインもヨークと呼ばれる肩周りに布が二重になるようなデザインになっております。

雨が降った時に、落ちていくようにという機能性があります。

トレンチコートの生地は?

トレンチコートが軍用に開発された当時、トーマス・バーバリーが生み出したコットンのギャバジン素材が使われていました。

そのため、現在でもコットン素材を多く使うことがありますが、ウールなどを使用する場合も少なくありません。

実際に第一次世界大戦にて使用された生地と同じ構成の生地もご用意しております。

王道のトレンチコートをオーダーメイド

冬のコートスタイル。

ご自身のサイズに合わせたトレンチで、上品なビジネスカジュアルスタイルにも、スーツに合わせるビジネススタイルにも、相性の良いコーディネートを組むことができます。

生地なども、コットンだけでなく、ウールなどに変更したりとこだわってみてはいかがでしょうか?

歴史のあるトレンチを肌で感じてみてはいかがでしょうか?

トレンチコートについてきになる方は、LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

川越グルメ・見所

遠方からのお客様へ川越グルメ・見所ガイド【江戸前すし 幸すし】

カジュアル

ミリタリーウェアの生地で作るカジュアルスタイル

カジュアル

スーツの納品とスタイリング

カジュアル

オーダージャケットの生地選びとトレンド

スタイリングテクニック

スラックスのクリースが消えなくなる「スーパークリース加工」

スタイリングテクニック

世界最高の傘 フォックスアンブレラ

カジュアルコートスーツの新着記事

カジュアル

ミリタリーウェアの生地で作るカジュアルスタイル

カジュアル

スーツの納品とスタイリング

カジュアル

オーダージャケットの生地選びとトレンド

カジュアル

幻のシャツ生地「シーアイランドコットン(海島綿)」

カジュアル

ステンカラーコートのオーダーメイド

カジュアル

ハイマオカラーコートのオーダーメイド

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

スタイリングテクニック

【保存版】貴方に合うスーツスタイルは?

  • 出張販売致します。


▲最上部へ