|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


スーツ

-

ビジネスウェアを必要とする多くのビジネスマンや経営者、起業家、ビジネスに成果を求める人。

あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない実用的な服「リアルクローズ」を、俺のTailorは提案いたします。

この記事は「スーツ」カテゴリーの記事

Post Title

仕立て屋の新卒 新入社員が最初にオーダースーツを3着揃えた時の話

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

仕立て屋の新卒新入社員が最初にオーダースーツを3着揃えた時の話

私は新卒の新入社員として俺のTailorに入社し、まずオーダースーツを3着揃えました。

他社新卒Aさんオーダースーツのお店なんだから当たり前なんじゃないの?

確かに「オーダースーツの店員が、オーダースーツを仕立てる」ということは当たり前の様に聞こえます。

しかし仕事の内容が「お客様のスーツを作る」ということだけであって、「毎日スーツを着る」ということに関しては、スーツを着るご職業の皆様と変わりのないことです。

店主 倉持毎日スーツを着るのであれば、最低3着はスーツを用意するのがおすすめです!
  • スーツは3着揃えることが重要ということ
  • その3着はどの様にして選んだのか
この二点を踏まえ、お話ししたいと思います。
仕立て屋から見た”新入社員はスーツを3着持っているべき理由”とは? | 俺のTailor(俺のテイラー)
毎日スーツを着るなら、まず優先すべきは着数! スーツを買おうと思った場合、まず皆様は何を優先順位に考えますでしょうか?   色や柄?ブランド?仕立ての良さ?人それぞれだと思います。   もちろんこれら …
仕立て屋の新卒新入社員が最初にオーダースーツを3着揃えた時の話 目次
  1. 連続して着用しないことがスーツを長持ちさせるコツ
  2. 1着は結婚式などでも着れるスーツを
  3. もう2着、オススメはチャコールグレーとトーン・柄の違うネイビー

連続して着用しないことがスーツを長持ちさせる

まず、これはよく言われるお話しですが、スーツを3着揃える理由に「スーツ着用後2日休ませ、一週間3着でローテーションできる」ということがあります。

木村ここで重要なのが、スーツを2日休ませることです。

スーツの生地は、羊の毛であるウールを使用して作られています。

ウールは水分を含んだ時が一番弱い

ウールは水分や臭いを吸収し、放出するというとても優れた機能を持っています。

放出する際、ウールは表面にあるスケールという鱗状の表皮を開きます。

この状態で、ウール同士が擦れ合ってしまうと、生地のダメージの原因になります。

そのため、2日間というのは「ウールがスケールを開き湿気を放出し、それが通常の状態に戻るための期間」なのです。

スーツを3着揃えることで、スケールの回復のため、スーツを休ませることができます。

木村人間の髪にもウールと同じスケールが存在します。「濡れたまま放置すると痛む」のは髪の毛もウールも同じですね。

1着は結婚式などでも着れるスーツを

新入時の木村とりあえず、ド派手なスーツを一張羅として作りたいです!!!裏地は真っ赤とかで!!!!
店主 倉持うーん、それよりもこれから結婚式の出席なども増えると思うから、ビジネスでもフォーマルなシーンでも使える「ミッドナイトブルー」くらい濃いネイビーのスーツをスリーピースで仕立てておいた方が良いかもしれないよ?

ビジネス以外での着用で大きなイベントというと、結婚式。特に20代のうちは参列することも多いのではないでしょうか?

最初に揃えるべき、スーツはやはり使用場面を考え、できるだけ多くの場面にて着用したいところです。

そんな時、絶対に一つは持っておきたいスーツが、店主倉持もいう「ミッドナイトブルー」のスーツです。

ミッドナイトブルーのスーツとは

ミッドナイトブルーというのは、濃紺の色を言います。

非常にトーンの暗いネイビーのため、夜間の着用時には、ブラックよりも黒く見える様なことも言われます。

ミッドナイトブルーのスーツ

夜のフォーマルシーンで正礼装のタキシードでも使用される色でもあり、格式の高い色です。

実際に当店にて新郎衣装を仕立てていただく際にも、ミッドナイトブルーの生地をお勧めすることは多いです。

紺色なので、もちろんビジネスシーンでも着用できますし、非常に品格のある美しい色なので、高いファッション性も兼ねています。

ちなみに、日本フォーマル協会によるとお通夜などの喪のフォーマルシーンでもミッドナイトブルーのスーツは着用できます。

もう2着、おすすめはチャコールグレー、トーン・柄のの違うネイビー

新入時の木村これで結婚式への参加も問題ありませんね、次に作るべきオススメの色味はなんですか?
店主 倉持ミッドナイトブルーを仕立てた次はチャコールグレーがオススメ。オシャレで落ち着いた印象が出るだけでなく、いろいろな色柄のネクタイとの相性もいいよ!

自然とスーツの着こなしがうまく見える万能な色は、ネイビーだけではありません。

こちらもミッドナイトブルーと同様、暗いトーン。

濃いめのグレーのことをいう「チャコールグレー」のスーツです。

チャコールグレーのスーツとは

チャコールグレーのチャコールは、そのまま「炭」の意味です。

黒に限りなく近いグレーであり、より落ち着いた印象を与えます。

チャコールグレーのスーツ

ネクタイの色の合わせやすいなどということもあり、ビジネスでは使いやすい色なのではないでしょうか?

ちなみにチャコールグレーのスーツも喪のフォーマルシーンでは礼装の一つになっています。急なお通夜などの場面でも着用できます。

3着目は、柄を取り入れてみても○!!

店主 倉持ミッドナイトブルーとチャコールグレーを揃えた後は、見た目のバリエーションが増えるように、柄を取りれてもいいね。スタイリッシュに見えるストライプ、明るい印象のあるチェック、好みで選んでみよう!
普段からずっと同じ印象にならないよう、たまにはアピール!!っていうのも新入社員には必要かもしれませんね。

ミッドナイトブルーとチャコールグレーがあれば、様々な場面での着用に対応できます。

3着目は、ぜひ好みの色や柄を取り入れてみてはいかがでしょう。

中でもビジネスでよく取り入れられる、シャドーストライプがオススメです。

シャドーストライプのスーツ

シャドーストライプは、織られる糸の濃淡によって現れるストライプが特徴的な柄です。艶やかで高級感がありますが、主張しすぎず、スタイリッシュな印象を持ちます。

基本的には、ネイビーやチャコール、ブラウンなどもシャドーストライプの生地がよく映えるような色です。

3着揃えたら半年に一回ほど買い足していくとBest

スーツは3着揃えた時点で、長く着用できるような着回しが可能です。

他にバリエーションが欲しいとなったら、ネクタイを買い足したり、シャツをオーダーしてみたりと、着こなしにもいろいろな「幅」が増やせるのではないでしょうか。

さらに言えば、半年に一回くらいのペースで、お好みの生地でスーツを増やしていくことにより、季節感のある装いであったり、気分を変え、モチベーションのアップにもつながります。

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】 | 俺のTailor(俺のテイラー)
スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】 Aさん夏使える濃い色味のスーツが欲しい Bさんイギリスっぽいデザインでチェックが大きいデザインのジャケットがいい Cさんブランドのスーツみたいに、とにかくタ …
木村ジャケット&パンツスタイルを取り入れたかった私は、今回説明したようなスーツの「最初揃えるべきオーダー」の要領で、ネイビーとグレーのスラックスを単品で用意し、ジャケットを少しずつオーダーし足しています。

 

スーツ・ジャケパン・タキシード・着こなしについてなど、なんでも。LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

ウエディング

カマーバンドの使い方や歴史について

ウエディング

カジュアルウエディングの衣装を仕立てる

スタイリングテクニック

ネイビー、グレー以外のスーツ

ウエディング

フォーマルスーツの着こなし(参列者編)

カジュアル

【毎朝の悩みから開放】一週間の着まわしコーディネイトを仕立てる

カジュアル

シャンブレーの表情を知る

スーツ仕立て屋の提案の新着記事

スタイリングテクニック

ネイビー、グレー以外のスーツ

カジュアル

シャンブレーの表情を知る

カジュアル

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】

スーツ

手縫いのボタンホールの話。

スタイリングテクニック

筋トレをされる方のスーツについて!

スタイリングテクニック

【スーツを着るトレーニー必見】オーダースラックスのサイズが合わな…

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

  • 出張販売致します。


▲最上部へ