|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら


スーツ

-

ビジネスウェアを必要とする多くのビジネスマンや経営者、起業家、ビジネスに成果を求める人。

あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない実用的な服「リアルクローズ」を、俺のTailorは提案いたします。

この記事は「スーツ」カテゴリーの記事

2021/05/22

スーツ

Post Title

スーツのディティールから分かるスーツのケア方法とは?

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

スーツのディティールから分かるスーツのケア方法とは?

先日お客様とのやりとりの中でこんな質問がありました。

お客様H様以前仕立てて頂いたスーツなんですけど、クリーニング屋さんで”汗抜き”のコースをお願いしたら、スーツの生地が毛羽立ってしまって若干傷んだ様に見えるんですが、そんな事ってありますか?

じつはこれ、よくあるスーツのトラブルなのですが、普段綿製品に慣れ親しんでいる私達にとってスーツ(ウール製品)のケア方法を理解するには口頭ではなかなか理解出来ない方も多いと思うので本日はブログにしてみました。

ちなみに、このブログを書こうとスーツのケア方法をネット検索していたら、びっくりする事に大手のテーラーさんのサイトではクリーニングの頻度は”汗の量”で決まる!なんて書いてあるところがありました。

《ドライクリーニング》という方法にも触れず、汗をかく時期には2週間に1度はクリーニングが必要!なんて言うのは明らかに間違いなので、正しいケア方法を知りたい方は是非以下を参考にしてみてください。

ちなみに、これからする説明は一般的なウールで出来たスーツを前提として、ポリエステルなどで出来たスーツのケア方法には該当しませんのでご注意ください。

スーツ特有のディティールをみれば、ケアの仕方が見えてくる

まず、以下の写真をご覧ください。

こちらは当店で仕立てたスラックスの内側を撮影したものなのですが、ちょうど股のあたりに見える生地(写真1枚目中央のハート型の部分)は汗をかいた時にスーツの表地を傷めない様にと施してある《股ズレを補強する為》の仕立てです。

普通、補強というとジャケットのエルボーパッチみたいに生地を単純にもう一枚重ねて厚くした様な仕様を想像する方も少なくないと思いますが、この構造に不思議と思った方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

こんなんで本当に補強されてるの?と。

ただ、この股ズレ補強の構造が意味するところは、汗をかきやすい股の部分に綿などの汗を吸い込みやすい素材であて布をする事で、表地の部分に汗が届かない様にして、擦れなどによってスーツの生地を傷めない様に予防しているという事と、逆を言えばスーツは水(汗)に濡れて擦れる事に弱いというメッセージと捉える事が出来ると思います。

わざわざ遠回りしてスーツは濡れた状態での擦れに弱いという事を伝えたかったのですが、ちゃんと伝わりましたでしょうか?笑

膝裏が擦れて透けちゃうんだけど。。 | 俺のTailor(俺のテイラー)
皆様こんにちは。   ここのところ続いた寒波も通り過ぎ少し暖かくなってきましたね♪   当店では少しづつ次のシーズンの生地の仕入れが進んでおりますが、いかがお過ごしでしょうか。   さて。本 …

水に弱いウール製品を洗える様にした画期的な方法?の《ドライクリーニング》。

そしてその基本を踏まえた上で、次に皆さんに覚えて欲しいのがクリーニングにスーツを出すとまず説明がなくても基本《ドライクリーニング》という方法で洗われているという事です。

ウールは上記でご説明した様な濡れた状態でコスれ合うのを一番に嫌いますから、《ドライクリーニング》では水を使わずに油で汚れを落とします。

ですから、《ドライクリーニング》では”水汚れ”は落ちず”油汚れ”しか落ちません

という事は、油汚れが付いた自覚がある場合にだけドライクリーニングをするのが正解なんですよね。

食べこぼしとか皮脂汚れとか、そういった類のものです。

基本的にスーツは直接肌に触れる部分が少ないのでドライクリーニングは本当に少なくて大丈夫かと思います。

汗をかいたからといってドライクリーニングをしても汗汚れは全く落ちませんのでその点には特に注意してください。

そして、本日の本題である”汗抜き”。

これをお店で勧められたらどうするか?なんですが、、

基本は断ってください。(クリーニング屋さんすみません。。)

水に弱いウールを水で洗うには専門的な設備やノウハウがないと生地を傷めてしまいますので、専門店などに任せるのが懸命です。(もちろん設備を整えてしっかり対応してくれるクリーニング屋さんもいます。)

技術のあるお店を当店でもご紹介していますので、当店のお客様は是非お問い合わせください。

《スーツのケア方法》結論

スーツのケアは昔から《ブラッシングとプレス》が基本です。

菌の繁殖なども抑え、汚れを弾く性質を持つウールですから、さほど洗う必要ないんです。

それよりもスラックスの折り目の線であるクリースが消えてしまうなどという型崩れをしてないか、をチェックして、必要であればアイロン掛け(プレス)をしてください。

その際スチーム付きであて布をしてアイロンすれば、汗などもある程度抜けますしその方がドライクリーニングをするよりも断然オススメです。

もし、ご自宅でアイロン掛けが出来ない場合には当店にお持ち込み頂くか、お近くのクリーニング店でもアイロン掛けのみをして貰う様にして貰うのが良いかと思います。

また、当店では再三に渡って季節に合わせたスーツを持つことをオススメしていますが、夏の時期には擦れにも強くした強撚糸の糸で織られたウールのスラックスを揃えておく事はお手持ちのスーツの寿命を長くする為にも重要です。

という事で、スーツを出来るだけ傷めた方がリピートに繋がるだろうというスーツ屋の思惑と生地傷めない様に《ドライクリーニング》を勧めているのにも関わらず、その辺りを理解されてない店員さんが”汗抜き”を勧めるクリーニング屋の矛盾に迫った内容でした。笑

今日のブログを読んで頂いて、少しでもスーツのケア方法について知って頂けたら嬉しいです。

最強の繊維!羊の毛『ウール』の特徴とは? | 俺のTailor(俺のテイラー)
最強の繊維!羊の毛『ウール』の特徴とは? 最強の繊維『ウール』の持つ6つの素晴らしい特性 時代が変わって技術が格段に進歩しても、洋服作りにおいて重要な役割を担っているwoolという最強の繊維。 その驚きの特徴にはどんなも …
TAYLOR OF OLD BOND STREET 洋服ブラシ | 俺のTailor powered by BASE
TAYLOR OF OLD BOND STREETは1854年、ロンドンのボンドストリートにて理髪店として創業。現在はジャーミンストリートに本拠を移し、シェービンググッズ、香水、各種ブラシなどグルーミング用品をトータルで扱う高級専門店として名声を得ています。当店の別注となる洋服ブラシは、高級な質感のペアウッド(洋梨の木)のボディーが手に馴染み易くホールディング感も抜群。組み合わされるホワイトブリッスル(白豚毛)は、ウールやカシミア素材に相性がよく、高級ブラシ用として重用されてきた天然獣毛です。ご自身でのご利用ももちろんですが、プレゼントにも最適です。◆ 銘柄(ブランド)Tailor of Old Bond Streetテイラー・オブ・オールド・ボンドストリート◆ 品質本体素材-ペアウッド(洋ナシの木)毛素材-ホワイトブリッスル(白豚毛)100%◆ サイズ全長:約17.5cm、幅:約5cm、毛長:約2cm◆ 生産国ドイツ製

 

当店の商品について気になる方は、LINE@にて相談も受け付けています!ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

 

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。(一時停止中)

この記事を書いたのは「倉持悠也」

筆者「倉持悠也」について

倉持悠也プロフィール

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

大学卒業後勤めた会社で上場、倒産、新会社の立ち上げという激流に流されたTwenties。

自ら城を築くべく、「俺のTailor」を立ち上げる。

しかし、経営者の道のりこそ激流だと気付いたRecentry。

趣味はサーフィン、出来れば南の島で時の流れに身を任せたい。

詳細プロフィールを見る

倉持悠也に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • ネクタイ・小物はオンラインでも購入可

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

スーツ

こちらも是非!レディーススーツをリニューアルしました♪

未分類

2022-2023年秋冬シーズンがいよいよ始まります♪

ニュース

キックボクシング世界チャンピオン【瀧澤博人】選手とスポンサー契約…

ニュース

今季はカジュアルも拡大!春のオーダーシャツ感謝祭始まります♫

生地ブランド

伝統的なものづくり×最新のデザイン【サヴィルクリフォード】

生地ブランド

信頼たる英国の老舗ブランド【ウィリアム・ハルステッド】

スーツの新着記事

スーツ

こちらも是非!レディーススーツをリニューアルしました♪

スーツ

元大関・豪栄道関の断髪式にて当店のスーツをご着用頂きました♪

スーツ

今こそ追求心溢れる自分だけのオリジナルオーダーをしよう♪

スーツ

指揮者の動きに合わせて仕立てるマオカラーのオーダースーツ

スーツ

シンプルに素材の良さを感じる【葛利毛織・DOMINX】

スーツ

《上質感》が魅力、英国生地マーリン&エヴァンスで仕立てるオーダー…

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

スーツ

スーツが変色してしまう理由

紳士服にまつわる用語集

梳毛と紡毛の違いと特徴

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

スタイリングテクニック

スーツの着こなしをダサくする7つの理由とは?仕立て屋が解説!

スタイリングテクニック

仕立て屋のネクタイの結び方

  • 出張販売致します。


▲最上部へ