|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


ウエディング

-

人生最良の1日をオーダーメイドの自分達らしい装いで過ごす。

何年経って写真を見返しても、必ず「仕立てて良かったね」と想える一着を提供します。

この記事は「ウエディング」カテゴリーの記事

Post Title

三者混のジャケットの表情 ・シルクについて

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

三者混のジャケットの表情

先日お仕立ていただいた、ハワイでの挙式の新郎衣装が反響をいただいております。

このような風合いで作りたいと、同じくハワイでの挙式のお客様や、ジャケットの雰囲気がいいねと、スーツやジャケット単品でのご注文もいただいています。

さて、今回注目するのは、このジャケット。

ハリソンズというイギリスの名門ブランドの「イカルス」というレーベルの生地にて仕立てています。

ハリソンズ イカルス

夏のカジュアルジャケットの生地として人気のイカルス。

直径約18.5ミクロンの繊細なメリノウール、選び抜かれた上質なシルクとリネンから織り上げられたラグジュアリーなジャケットのコレクションです。

ロンドンの今を感じさせてくれるファンシーデザインの数々も、選ぶ楽しみを増やしてくれます。

イカルスの三者混

このブランドの最大の特徴である三者混というクオリティ。

ウール、シルク、リネンという素材を混ぜ合わせ作られた生地は、リッチな素材感と夏のビジネスシーンで重要な高い快適性を生んでいます。

ウールの高い機能性については、以前の記事でご紹介しました。

ウール100%で暑くありませんか? | 俺のTailor(俺のテイラー)
ウール100%で暑くありませんか? 夏用のスーツ生地を選んでいる時、お客様からこんなご質問をいただきました。 「ウール100%? これって夏暑くないの?」 ウールというと暖かいというイメージは多くの方

麻を使用した生地の表情が素晴らしいこともこちらで触れています。

麻素材のシワの悩みは無用? | 俺のTailor(俺のテイラー)
味わいのある素材を選ぶ スーツの業界にいると何度も名前を拝見する白洲次郎氏。日本におけるダンディズムの象徴のように語られる次郎氏は、新しく買ったスーツは何日か雨ざらしにして味わいを深めていったそうです

シルクについて

では、シルクはどうでしょう。

皆様のイメージは、高級である、光沢があるなどでしょうか?

シルクの魅力はそれだけではありません。

1.強度

シルクは繊細な布地と思われがちですが、強伸度に関してはウールよりも強く、綿や裏地に使用するキュプラなどの合成繊維と同じくらいの強さがあります。

強伸度とは、引っ張られた時の強度。シルクは意外にも強い素材なのです。

2.吸湿性と保温性

シルクの吸湿性は、綿の1.5倍ほどあり、放出性も綿と同じくらいあります。

肌着、シャツなどで使われる綿と同じくらいの吸・放湿性があると考えると、素晴らしい機能性です。

今回ご紹介したイカルスは、主に夏用のジャケット生地ですが、シルクは保温性にも優れています。

蚕の作る不均一性かつ細さが特徴のシルクの糸は、生地にした時に空気を保留してくれるので、薄くて繊細な繊維でも保温性があるのです。

3.光沢と染色の良さ

 

シルクの断面を見ると、、、

シルクは、フィブロインとセリシンという成分でできています。

蚕が吐き出した繭糸の時はこのセリシンが固着していますが、シルクの糸に加工される時、このセリシンは洗い流されます。

セリシンを除いたこのフィブロインが、光沢、柔軟性のあるシルクの主な成分となっています。

フィブロインの断面は上のイラストのような三角形になっています。

この三角形の形は、光の反射を均一するとともに、光を取り込んだ時にプリズムの役割をすることで、シルクならではの光沢を生んでいます。

また、シルクの染色精度は高く、いろいろな色に美しく染まる特性もあります。シルクスカーフなどで、細かい繊細な柄を表現できているのも、この染色の良さが表れています。

シルクの強さと光沢、染色性に、ウールの機能性、リネンの風合いを兼ね備えた三者混ジャケット生地

改めて、三者混のジャケット生地「イカルス」のコレクションをご覧ください。

ピックアップしました。

ロンドンのファッション性や、夏快適な機能性を感じられること間違いなしです。日本の夏は、9月後半ごろまで暑いですよね、、、

今からのオーダーも遅くありません!ぜひ、ビジネスカジュアル、オフタイムのジャケットを三者混の生地で仕立ててみてはいかがでしょうか?

 

それからついでに、、、

夏の生地つながりで、、、

イギリスの名門ホーランドシェリーのモヘア混のスーツ生地コレクション。

春夏のコレクションで、モヘアはよく使われるのですが、この中で滅多にないパープルの生地を発見。

これは珍しいです。ビビッと来た方はお早めに。。。

 

スーツ・ジャケパン・タキシード・着こなしについてなど、なんでも。LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

川越グルメ・見所

遠方からのお客様へ川越グルメ・見所ガイド【乾物 轟屋(とどろきや…

生地ブランド

フォックスブラザーズ「FOX TWEED(フォックスツイード)」

生地ブランド

一流ブランドも愛する生地「MARLING & EVANS(マーリ…

ニュース

2019AW 俺のTailor オーダーシャツフェア

生地ブランド

ロンドン発の斬新なツイード「DASHING TWEEDS(ダッシ…

生地ブランド

紳士服地の最高峰「ERMENEGILDO ZEGNA ELECT…

ウエディングカジュアルスタイリングテクニック仕立て屋の提案の新着記事

ウエディング

アロハシャツの歴史とオーダーアロハシャツ

ウエディング

カマーバンドの使い方や歴史について

ウエディング

カジュアルウエディングの衣装を仕立てる

ウエディング

フォーマルスーツの着こなし(参列者編)

ウエディング

シャツブランド【トーマスメイソン】オーダーシャツフェア

ウエディング

ペイズリーのベストで彩るタキシードスタイル

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

  • 出張販売致します。


▲最上部へ