|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


スタイリングテクニック

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「スタイリングテクニック」カテゴリーの記事

Post Title

カジュアル出勤のコーデポイントは色使い

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

スクリーンショット 2017-10-30 16.06.09

カジュアル出勤のコーデポイントは色使い

スーツスタイルだけでなく、カジュアルスタイルでの出勤をされる方も最近多いです。しかし、そんな中いただいたお問合わせで、ジャケパンスタイルのコーディネートの点でわからないことが多いというのをよくお聞きしました。

様々なスタイリングテクニックがあると思いますが、今回は取り入れやすい「色使い」のテクニックをご紹介します。

基本カラーをメインアイテムに入れる

ビジネスシーンで、スーツなどでもよく取り入れられる色を基本カラーとすると、ネイビーやグレーでしょうか。秋冬の季節ではブラウンカラーも定番になってきています。

スクリーンショット 2017-10-30 16.07.04

ジャケットやパンツ、ベストなどのメインアイテムにはどちらか一つに、基本カラーを入れることがポイントです。全体のコーディネートが落ち着くだけでなく、ビジネスシーンでの着用をしっかりと考えて組み合わせることができます。

スクリーンショット 2017-10-31 11.48.23

そうすることにより、例えばチェックなどの個性が出る柄が入っていても、着用シーンを選ぶことなく落ち着いた印象は外すことはないでしょう。

 メインアイテムを決めたら、グラデーションを考える

メインアイテムの色を決めたら、それを中心にして配色を考えてあげます。基本的にはグラデーション。つまり同系色でトーン(色の明るさ)を変えていくことで、コーディネートをよりまとめることができます。

guradeMap1_nomal

例えば、ジャケットをネイビーにしたとします。合わせるシャツは水色などの同系色のトーンの淡いもの。パンツでは、ジャケットよりも濃いデニムを合わせるといいと思います。このようにトーンを変えていくだけで、オシャレなコーディネートが出来てしまいます。

他アイテムと喧嘩のない無彩色という色。

ちなみにグレー、ホワイト、黒などは無彩色といい、どんな色にも相性の良い喧嘩のしない色。ジャケット、ベスト、パンツ、いずれかのメインアイテムで、無彩色のものを用意しておくと、コーディネートに幅がグンっと広がります。

コーディネートは三色以内にまとめる

基本的に、コーディネートに入れる色は三色以内にまとめるのもポイントです。同系色以外の色でコーディネートを組む際に覚えておきたいです。

IMG_8677

例えば、以前の記事で出したジャケットコーディネートは、青、茶の二色をトーンの違いで差を出してまとめています。

IMG_8527

コートのコーディネートも、青、黄。ブラウンと三色。差し色にマスタードイエローという明るい色を持ってきましたが、色味の種類を少なく統一感を出すことにより、バランスを保っています。

コーディネートのポイント

今回は、ジャケット&パンツスタイルのコーディネート。スタイリングのテクニックについてでした。ポイントは、

  1. ビジネスシーンでの基本カラーをメインアイテムに入れる
  2. アイテムごとにトーンを変え、グラデーションでまとめる
  3. 無彩色は喧嘩しない色。
  4. コーディネート全体の色味は三色以内

ということでした。ファッション性・自由度の高いジャケット&パンツのスタイル。秋冬ならではの色使いや、コーディネートも楽しめるはずです。スーツではないスタイルに挑戦したいと思っていた方は、是非参考にしてコーディネートしてみてください。

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

生地ブランド

イタリアのマーチャントブランド「BIELLESI」1

スーツ

スーツのジャケットをジャケパンにも使う事って出来るの?

スーツ

グレースーツの着こなし方がわからない

ウエディング

アイリッシュリネンで仕立てるリゾートウエディングの新郎衣装

仕立て屋の提案

高級スーツの手縫いとマシンメイド

カジュアル

一流が愛するブランド「マーリン&エヴァンス」の生地で作るジャケッ…

スタイリングテクニック仕立て屋の提案の新着記事

スタイリングテクニック

スラックスの裾「シングルorダブル」

スタイリングテクニック

無地の生地で作るスーツの表情

カジュアル

秋冬も春夏も万能のアンコンジャケット

ウエディング

新郎衣装はコーディネイトでも印象がガラッと変わります♫

スタイリングテクニック

斜めのボタンホールを仕立てる

カジュアル

夏の定番カジュアル生地【シアサッカー】

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

スタイリングテクニック

【保存版】貴方に合うスーツスタイルは?

  • 出張販売致します。


▲最上部へ