|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら


仕立て屋の提案

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「仕立て屋の提案」カテゴリーの記事

Post Title

【スーツのディティール講座】センターベントとサイドベンツはどう選ぶ?

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

スーツのディティールには意味がある?

スーツの歴史を辿ると、もともとは軍服から進化して現代のスーツが登場したと言われていますよね?

モーニングコートの裾を切り落とした上着が19世紀に誕生し、20世紀の初頭にアメリカでビジネスウェアと着用された事で世界中に広まってきたスーツ。

今やグローバル・スタンダードとなったスーツを格好良く着こなすには、それぞれのディティールに隠されたストーリーを知る事がもしかすると近道かもしれません。

一度覚えてしまえ一生使えるその知識、覚えておいて損はないと思います。

\ LINEでいつでも相談OK。登録はボタンを押すだけ! /

『俺のTailor』に今すぐ相談

馬に乗って動きやすくしたのがベントの始まり

今となっては想像し難いですが、馬が人の運搬手段だった時代にこのベントが生まれました。

上着がひざ丈まであるコートような長さが主流だった時代に、真ん中に切込み(センターベント)を入れることで上着の裾をさばいたわけです。

サイドベンツに関しても、サーベル(剣)を腰にさげやすくしたのが起源と言われています。

共に運動機能的な理由から切込みを入れたのですね。

運動量が少ない場(優雅な動きを求められる場)で着る、タキシードを典型とするヒップ丈の礼装用(フォーマル)のジャケットがノーベントにするのが習わしとなっているのも逆説的で面白い点ではないでしょうか。

センターベントとサイドベンツはどう選ぶ?

ノーベントがフォーマルの習わしになっているのであれば、ビジネスシーンで着るスーツのベントはどうするか?

ある程度の運動量があるので、そこはやはり切込みを入れます。

バブルを経験されている世代の方は、【ソフトスーツ】が流行った名残もあってビジネススーツにもノーベントにされる方はいますが、現代風のシルエットにするのであれば入れておいた方が無難だと思います。

では、どの様な基準で入れるか?

結論から言ってしまうと見た目で選んで大丈夫です。

クラシコの伝道師、故・落合正勝氏も著書でこの様に言っています。

ベント(上衣の背のスリット)を切るか切らないか、シングルかダブル(※)にするかはあまり重要ではない。個々の好みによるが、傾向としては、アメリカンスタイルはシングル、英国スタイルはダブル、ラテンスタイルはノーベントが多い。   ※センターベント・サイドベンツの意

 

印象の違い

では、見た目でどの様な違いが出るか。

センターベントは良く、【スポーティ】という言われ方をします。後ろ姿を見た時にゆとりを感じさせず、一本真ん中に切込みが入る姿はシンプルでスッキリとした印象を持つ方が多いのではないでしょうか。

一方のサイドベンツはというと、【エレガント】と言われます。

これは、スクエアなシルエットによる重厚感とヒラヒラと動きが出る優雅な姿がその限りです。

自分をどの様に見せたいか?

スーツをオーダーする場合、まずはそのスーツを着る場面(TPO)を考え、生地やボタン、裏地等を自分で選んで決める事が多いと思います。

そのオーダースーツを着た時に、自分をどの様に見せたいか?という【テーマ】が決まってくると、ベンツ選びもTPOや全体のバランスから決めやすくなると思います。

服はセルフプロデュースの最たるものだと思いますので、その辺を意識出来る様になると服選びがもっと楽しくなるのではないでしょうか。

ベントの持つ【スポーティ】と【エレガント】、これをを覚えて頂けたら幸いです♪

 

スーツ・ジャケパン・タキシード・着こなしについてなど、なんでも。LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。(一時停止中)

この記事を書いたのは「倉持悠也」

筆者「倉持悠也」について

倉持悠也プロフィール

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

大学卒業後勤めた会社で上場、倒産、新会社の立ち上げという激流に流されたTwenties。

自ら城を築くべく、「俺のTailor」を立ち上げる。

しかし、経営者の道のりこそ激流だと気付いたRecentry。

趣味はサーフィン、出来れば南の島で時の流れに身を任せたい。

詳細プロフィールを見る

倉持悠也に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • ネクタイ・小物はオンラインでも購入可

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

ニュース

キックボクシング世界チャンピオン【瀧澤博人】選手とスポンサー契約…

ニュース

今季はカジュアルも拡大!春のオーダーシャツ感謝祭始まります♫

生地ブランド

伝統的なものづくり×最新のデザイン【サヴィルクリフォード】

生地ブランド

信頼たる英国の老舗ブランド【ウィリアム・ハルステッド】

生地ブランド

世界三大織元「フラテッリ・タリア・ディ・デルフィノ」2022年春…

生地ブランド

イギリスの名門「Darrow Dale ダロウデイル」(2022…

仕立て屋の提案紳士服にまつわる用語集の新着記事

仕立て屋の提案

オンラインストアにて販売中です♪

仕立て屋の提案

【付属品のご提案】マスクケース

仕立て屋の提案

【付属品のご提案】《袱紗・ふくさ》

仕立て屋の提案

【付属品のご提案】《カードケース》

仕立て屋の提案

【再投稿】経営者なら持っておきたい必須のワードローブ3着とは?そ…

スタイリングテクニック

仕立て屋が勧めるビジネスソックスの老舗「ハリソン」

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

紳士服にまつわる用語集

梳毛と紡毛の違いと特徴

スーツ

スーツが変色してしまう理由

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

スタイリングテクニック

スーツの着こなしをダサくする7つの理由とは?仕立て屋が解説!

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

  • 出張販売致します。


▲最上部へ