|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


カジュアル

-

トレンドに左右されることなく、より個性を引き出すためのジャケット&パンツのスタイル。

ビジネスシーン、オフタイムのコーディネートの幅をより豊かにし、一味違う「オーダーメイド」ならではのサイジングと存在感を演出。

季節ごとに変化する素材を楽しめる、世界各国からセレクトしたファブリックを中心に、 ベーシックでクラシカルな色や柄からクリエイティブで独自性のある生地まで、豊かなコレクションを揃えます。

この記事は「カジュアル」カテゴリーの記事

Post Title

ステンカラーコートのオーダーメイド

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

ステンカラーコートのオーダーメイド

ビジネスシーンでもよく見るステンカラーのコート。

軽さがあるせいか、スプリングコート(春先に着る軽めのコート)の印象が強いステンカラーコートですが、空調が充実している日本では、真冬でもメインとして扱えるのでとても人気の形になっています。

もちろん素材などを考えることにより、より暖かいというオーダーも可能です。

ステンカラーコートとは?

ステンカラーとは実は和製英語だそうです。

語源には諸説あり、後ろの襟が高く、前の襟が低く折り返す形という意味でスタンドフォールカラーと呼ばれていたコートの名称がなまって、ステンカラーとなったと言われています。

シルエットやディテールとしては、レインコートの1つであったバルマカーンコートの形が原型とされ、ステンカラーコートの別名と説明されることもあります。

ステンカラーコートは、肩と袖部分がつながったようなデザインの「ラグランスリーブ」もよく見ますが、当店のオーダーステンカラーコートは、シルエットをより洗練したものにと考え、セットインスリーブという通常の袖のつけ方にて仕立てています。

フロントのデザインは、ボタンの上に生地を配した比翼仕立てが一般的です。

首元のボタンは閉めなくても、防寒性が優れた機能性あるデザインになっています。

袖周りは、防寒性を高めるためのベルトをつけることができます。

もちろん不要という方はすっきり省くこともいいかと思います。

手がスッと入れられるマフポケットも、肌寒い季節には必須かもしれませんね。

襟を立て、フロント部分を結合することにより、より防寒性を高めることができるストラップをつけたデザインなども人気です。

このストラップを前中心にずらし、左右の襟を結合するようなデザインになっています。

ステンカラーコートの生地は?

もともとレインコートの由来を持つステンカラーコートは、ギャバジンなどの撥水性のある生地を多く使用しています。

もちろん、ウールやカシミヤなどを使用することも多く、用途などによって考えて見てもいいかもしれません。

レインコートの生地というと、コットンにオイルを染み込ませたオイルドコットンもオーダーメイドの生地として取り扱っております。

非常に珍しい生地で、ブランドですとバブアーなどもオイルドコットンを使用していますね。

オイルが染みているので、コットンでも水を弾くということです。

様々な生地から用途や好みによって選ぶことのできるオーダーメイド。

高級ブランドしかやらないような組み合わせをご自身でカスタマイズできます。

カシミア生地を使用したステンカラーコートなどが業界では話題になっていますが、そんな組み合わせもいいかもしれませんね。

ビジネスシーンでも、休日のお出かけの際も、万能に着こなせるステンカラーコートをオーダーして見てはいかがでしょうか?

 

ステンカラーコートについてきになる方は、LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • ネクタイ・小物はオンラインでも購入可

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

コート

オーダーコートはどんな生地で仕立てるのが正解??

スーツ

サヴィルクリフォードの艶あるイギリス生地で仕立てるスリーピース

スーツ

襟の幅を大きく仕立てたミッドナイトブルーの艶やかなビジネススーツ

カジュアル

特殊な千鳥柄、ブルーとブラウンの配色がトレンドを感じるカジュアル…

スーツ

シンプルなチャコールグレーのスリーピース をLBDの裏地を使用し…

スーツ

カイノックのハリある生地で仕立てるスリーピース

カジュアルコートスーツの新着記事

カジュアル

特殊な千鳥柄、ブルーとブラウンの配色がトレンドを感じるカジュアル…

カジュアル

イギリス、フォックスブラザーズのジャケットと国産、葛利毛織のコー…

カジュアル

イギリスの名門、フォックスブラザーズの色使いが秀逸なツイードで作…

カジュアル

ウールシルクのロロピアーナのジャケット生地で仕立てるサマーカジュ…

カジュアル

三者混のクオリティが今の気分「フェルラ」で作るカジュアルジャケッ…

ウエディング

ALBENI1905(アルベニ1905)のビジネスネクタイ

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

スタイリングテクニック

【マッチョのスーツの選び方】筋トレをされる方のスーツについて

カジュアル

スーツジャケットの適切な長さ・着丈について考える

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

  • 出張販売致します。


▲最上部へ