|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


スタイリングテクニック

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「スタイリングテクニック」カテゴリーの記事

Post Title

夏ならではのソラーロの生地で体感する生地を選ぶ楽しみ

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

夏ならではのソラーロの生地で体感する生地を選ぶ楽しみ

オーダーメイドを楽しんでいただく重要な行程の「生地選び」

私たちテーラーは、お客様のご要望や着用する場面、場所などによって、生地の提案を考え、変えていきます。

生地選びにおいて重要なのは、色柄、そして機能性。

お客様の好みの色柄はもちろん、季節に応じた快適さを、生地から取り入れることもできます。

今回は、春夏シーズンに人気のソラーロの生地をご紹介させていただきます。

ソラーロとは

ソラーロはもともとヨコ糸をカーキ、タテ糸を赤で織られている生地のことを言います。

ソラーロの生地は、20世紀の初め、イギリスが植民地を増やそうとしている時代に、熱帯地域へ派遣されたイギリス人の肌を激しい日差しから守るために開発されたと言われております。

外側のカーキーは、軍人にとって実用的かつ、熱を保ちにくい白に近い色。

内側の赤色は、「植民地の原住民の着用している赤い衣装が、熱帯地域の暑さを和らげている」と言われていたために採用されました。

ちなみにソラーロの色使いが熱を遮断するという機能性はあまり期待できません。

実際、当時開発されたソラーロも数十年、使用されずにいました。

それでもソラーロが生まれたこのストーリーが、服好きのイギリス人たちに好まれ、伝えられ、夏ならではの生地として親しまれています。

現在では、タテ糸とヨコ糸には「カーキー×レッド」という組み合わせに縛られず、様々な色味が展開されています。

幅広いソラーロの色味

そもそも、ソラーロの本来の色味であるカーキーをベースとしたスーツだと、ビジネスシーンではなかなか着用できないというお話も多く聞きます。

深みのあるグリーンとカーキーで構成されたソラーロ

 

濃いネイビーの色味に、明るいブルーという同系色で構成されたソラーロ

ここまでくるとビジネスシーンでも取り入れやすくなります。

さらに色味の差が少ない二色の糸によって織られている生地になると、ほぼネイビーのスーツに見えます。

同系色の糸を使用したソラーロの生地

光の当たり具合などによって変える表情の違いを楽しめるソラーロ。

夏の定番の生地だけあって、鮮やかな色味の生地も多いですが、オーダーメイドであれば幅広い色の中から仕立てられます。

その他ソラーロ

シーズンならではの生地を選ぶ楽しみ

夏の定番生地ソラーロ。

スーツは、ビジネスシーンの重要なアイテムでもありますが、同時にファッションを楽しめる要素もたくさん詰まっています。

形や細かいディテール、色柄、組み合わせ、様々です。

シーズンごとに特徴を持った生地というのも多く展開され、テーラーでは実際に見て触って説明を聞くこともできます。

カジュアルシーンのジャケットのみでもいいかもしれません。

まずは着用する、体感する、改良する。

オーダーメイドの生地を選ぶ楽しみを、初めて見てはいかがでしょうか?

 

 

ソラーロの生地、オーダーネクタイについてご質問のある方はLINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。(一時停止中)

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • ネクタイ・小物はオンラインでも購入可

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

ニュース

キックボクシング世界チャンピオン【瀧澤博人】選手とスポンサー契約…

ニュース

今季はカジュアルも拡大!春のオーダーシャツ感謝祭始まります♫

生地ブランド

伝統的なものづくり×最新のデザイン【サヴィルクリフォード】

生地ブランド

信頼たる英国の老舗ブランド【ウィリアム・ハルステッド】

生地ブランド

世界三大織元「フラテッリ・タリア・ディ・デルフィノ」2022年春…

生地ブランド

イギリスの名門「Darrow Dale ダロウデイル」(2022…

スタイリングテクニックスーツ仕立て屋の提案の新着記事

スタイリングテクニック

仕立て屋が勧めるビジネスソックスの老舗「ハリソン」

シューズ

成人式に内羽根のストレートチップを誂える

スタイリングテクニック

ブラウンスーツの多様性

ウエディング

ALBENI1905(アルベニ1905)のビジネスネクタイ

スタイリングテクニック

布の重さを考えるオーダー

カジュアル

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

紳士服にまつわる用語集

梳毛と紡毛の違いと特徴

スーツ

スーツが変色してしまう理由

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

スタイリングテクニック

スーツの着こなしをダサくする7つの理由とは?仕立て屋が解説!

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

  • 出張販売致します。


▲最上部へ