|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


スタイリングテクニック

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「スタイリングテクニック」カテゴリーの記事

Post Title

スラックスの裾「シングルorダブル」

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

スラックスの裾「シングルorダブル」

特にスーツを初めてオーダーしようと考える方が迷うディティールの一つにスラックスの裾の問題があると思います。

 

「シングルorダブル」そうです、折り返すか否かという点です。

普段、シングルに慣れている方からしたら、ダブルの裾はなんかカジュアルな印象に思ったり、最近のトレンド的な気がして、少し抵抗があるディティールかもしれません。

シングルの裾の雰囲気

ダブルの裾の雰囲気

という事で今回は「クラシックの観点からみたら裾をダブルにすることはどうなのか?」について触れてみます。

参考にしてみて下さい。

クラシックな服装でのスラックスの裾

まず、クラシックな服装について教えてくれる書籍『男の服装術』にはこういう記述があります。

  • クラシックなスーツのズボンには燕尾服やモーニング、さらにタキシードの例を出すまでもなく、もともとは折り返しがついていなかった。現代のビジネススーツには必須である。折り返しがないズボンはエレガントではないと断言するイタリア人もいる。
  • ラウンジコートが誕生した頃の生地は非常に重厚感があり、折り返しという発想自体が存在しなかった。20世紀はじめに英国のある貴族がニューヨークで行われた結婚式に参列する途中雨に遭い、ズボンの裾を折り曲げ、それが定着したという歴史をもつ。男の服はたいていの場合、単純と偶然から進化していくものだ。
  • 現代の素材は当時に比べ、ずっと地が薄く、糸も細く繊細な細工がほどこされている為、折り返しを付けないと不安げに見える。折り返しをつける事によって靴とのバランスがスムースになる。

「結婚式に参列した貴族が裾を折った」という一幕から広がったとのこと。

この書籍の著者からすると、ビジネススーツ自体が礼服に取って代わったカジュアルな服装であり、裾はダブルでもシングルでも問題無い。

さらには現代の目付けの軽いスーツでは「ダブルの方が良い」とも断言しています。

今に始まったトレンドというわけではないんですね。

私自信もスーツの裾は殆どがダブルですし、カジュアルにジャケットを合わせたりローファー等を履く事もあってダブルの方が相性が良いのでそうしています。

かといって、シングルの裾がダメという事ではなく、全体的なバランスをシンプルであったりフォーマルに見せたい場合はシングルで良いと思います。

さて、皆様はどちらでオーダーいたしますか?

 

スーツのオーダーについてはLINE@でも相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

 

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • ネクタイ・小物はオンラインでも購入可

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

コート

本格的な寒さに向け、コートのオーダーメイド

カジュアル

秋冬シーズンは「重い」生地でオーダー

コート

アリストンのピュアカシミアで仕立てる最高級のチェスターコート

スタイリングテクニック

布の重さを考えるオーダー

カジュアル

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】

ニュース

オーダーTシャツは来春から販売開始予定♪

スタイリングテクニックの新着記事

スタイリングテクニック

布の重さを考えるオーダー

カジュアル

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】

ウエディング

カジュアルウエディングの衣装を仕立てる

スタイリングテクニック

ネイビー、グレー以外の生地で仕立てるオーダーならではのスーツ

カジュアル

夏の定番カジュアル生地【シアサッカー】

カジュアル

デルフィノのウール・シルク・リネンの三者混ジャケットをTシャツに…

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

スタイリングテクニック

【マッチョのスーツの選び方】筋トレをされる方のスーツについて

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

ウール100%で暑くありませんか?

  • 出張販売致します。


▲最上部へ