|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


生地ブランド

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「生地ブランド」カテゴリーの記事

2018/09/11

生地ブランド

Post Title

世界最古の毛織物「PIACENZA ピアチェンツァ」

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

世界最古の毛織物「PIACENZA ピアチェンツァ」

世界最古と呼ばれるピアチェンツァ家の毛織物の歴史は1600年代にまで遡り、イタリアの高級毛織物産地、ピエモンテ州ビエラ地区にて創業し、その地で歴史を刻んでいます。

最高級テキスタイルのリーディングカンパニーであり続けているという歴史そのものが、「ハイグレードの基準」を作り続けている証しでもあります。

ものつくりに対するこだわりの企業DNAを受け継ぐ「アルチザン」と呼ばれる職人たりの手作業と、現代のテクロノジーが融合した工場で製造されるピアチェンツァ。

その技術や知識が作り出す製品には、世界的な定評があり、特にカシミアは、1913年にネパールからピアチェンツァが最初にイタリアに伝えたと言われています。

カシミアの起毛の仕方は、ブランドのアイコンにもなっている伝統的なチーゼル(アザミの棘)を使用したもの。

保温性と吸湿性に優れたカシミアは高級感にこだわり抜いた仕立て上がりになっております。

最新コレクション

まずはそのカシミア生地からのご紹介です。

ジャケット生地

ウール90%カシミア10%という品質のジャケット生地。

カシミアが初めてだという方にも扱いやすい暖かい生地。

ウールの機能性と、カシミアの光沢、保温性、軽さを体感できます。

スーツ生地

ウール&シルクの贅沢なクオリティが特徴的な最新のコレクション。

ビジネスにおいて扱いやすい色みながらシルキーな高級感を楽しめる贅沢な生地です。

最初の5色はウール80%シルク20%という艶やかなクオリティ。

ここから15色はカシミアを配合したピエチェンツァ特有の生地。

他にはないクオリティを楽しめます。

ここからウール85%シルク15% スーパー150sコレクションです。

ピエチェンツァの送る最高級コレクションです。

ここからがウール100% スーパー130sのビジネスユースなクオリティの生地。

品質は素晴らしく、機能性にも優れます。

 

ピアチェンツァについてご質問のある方はLINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

スーツ

リアブラウンダンスフォードの裏地とレダのマイオール

ウエディング

カジュアルウエディングをイタリア生地にて

カジュアル

ライトグレーのカシミヤコートの裏地を彩る

カジュアル

唯一無二のコンセプトが目をひくネオンなジャケット

カジュアル

リラックス感がトレンドのジャージーな素材

スーツ

ロロピアーナの人気生地で仕立てるオールシーズンスーツ

生地ブランドの新着記事

生地ブランド

クラシック&ソフトのイギリスブランド【SMITH WOOLLEN…

生地ブランド

イギリスの定番老舗ブランド【ウイリアム・ハルステッド】

生地ブランド

羅紗の宝石「 CARLO BARBERA カルロ・バルベラ」

生地ブランド

ハリソンズ オブ エジンバラ HARRISONS【CAPE KI…

生地ブランド

ハリソンズ オブ エジンバラ HARRISONS【REQUIEM…

生地ブランド

世界三大織元 最高級ウールを生み出す「ロロピアーナ」

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

スタイリングテクニック

【保存版】貴方に合うスーツスタイルは?

  • 出張販売致します。


▲最上部へ