|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


スタイリングテクニック

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「スタイリングテクニック」カテゴリーの記事

Post Title

春夏の定番「ホップサック」「モヘア」「リネン」「トロピカル」を知る

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

春夏の定番「ホップサック」「モヘア」「リネン」「トロピカル」を知る

オーダースーツは国内縫製の場合、ほとんどがオーダーいただいてから一ヶ月以上かかってしまいます。

そんなオーダーメイドの特性上、シーズンに合わせて着用できるように、生地の入荷はワンシーズン早く入荷してきます。

今回は、春夏の定番生地「ホップサック」「モヘア」「リネン」「トロピカル」をご紹介したいと思います。

ホップサック

見た目から、清涼感漂うホップサックは、夏最も好まれる生地です。

平織りによるさらっとした見た目通り、通気性がよく、軽やかな風合いが特徴です。

ややラフな印象がありますが、滑らかな光沢感を楽しめるイタリア産の生地が個人的には好みです。

一方イギリス生地は、ざっくりとした表情がありますが、ハリとコシがあり、きりっとした印象がありますので、好みに応じて生地を選ばれるのが良いのではないでしょうか。

主にジャケット生地に使用します。

IMG_6666

 

モヘア

モヘアはヤギの毛を使用した生地を言います。

通常のスーツ生地は、ウール100%(羊の毛100%)で作られることが多いですが、モヘアを加えることにより、通気性が増すので涼しく、夏人気の生地になります。

ヤギというと代表的なのがカシミア素材のカシミアヤギ。

一方モヘアはアンゴラヤギの毛を使用します。

ヤギならではの光沢感も特徴で、モヘアは「夏のカシミア」言われ、高級素材として認識されております。

ちなみに「キッドモヘア」という素材を使用して生地を作っているブランドもあります。

キッドというのは子供という意味。

生後6ヶ月の細いアンゴラヤギの毛を使用している生地をキッドモヘアと言い、よりしなやかで希少かつ高級な素材となっております。

リネン

リネンというのはご存知、麻を使用した生地。

太陽の光が眩しい真夏の時期に、ラグジュアリークロスとして位置付けられるリネン素材の生地は、贅沢なジャケット、サマースーツを仕立てるのに最適です。

他にはない唯一無二の光沢感は、うっとりする美しさがあります。

季節に応じて素材を変える楽しみは、真夏のリネン素材が一番感じられるのかもしれません。

リネン100%のものはカジュアルすぎるという場合は、ウールやシルク、もしくはポリエステルなどを混ぜた生地が存在します。

TPOに合わせ、素材の配分を考えることで、与えたい印象も変えることができるのも、リネンの素敵なところです。

トロピカル

最後にトロピカル。名前からして、夏を感じることのできるこの生地は、素材であるウール(羊の毛)を強く撚ることでできる強撚糸を使用して作られます。

つまり、生地を構成する糸が一本一本強く、生地自体にハリが出ます。

シワになりにくい特性を持たせることができ、夏のビジネスシーンのスーツ生地として重宝されます。

トロピカルは薄手でシャリッとした肌触りも特徴で夏の定番生地。

個人的には、カノニコから出ている「ラスティックトロピカル」やスミスウーレンズの「アバカス」などの生地がオススメです。

夏のスーツスタイルが楽しくなること間違いなしです。

 

 

スーツ・ジャケパン・タキシード・着こなしについてなど、なんでも。LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • ネクタイ・小物はオンラインでも購入可

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

スーツ

国産ブランド【コルキス】のスーツ生地

カジュアル

国産生地【コルキス】で仕立てる秋冬のグレージャケット

生地ブランド

世界に誇る尾州の毛織物【DOMINX】

スーツ

繊維界の革命!フェレイラ兄弟のヤバいモヘア

スーツ

【MIYUKI】2020-21秋冬の最新生地〜NAPOLENA〜

スーツ

【MIYUKI】2020-21秋冬の最新生地〜CREATIVE〜

スタイリングテクニック仕立て屋の提案紳士服にまつわる用語集の新着記事

スタイリングテクニック

ブラウンスーツの多様性

ウエディング

ALBENI1905(アルベニ1905)のビジネスネクタイ

スタイリングテクニック

布の重さを考えるオーダー

カジュアル

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】

ウエディング

カジュアルウエディングの衣装を仕立てる

スタイリングテクニック

ネイビー、グレー以外の生地で仕立てるオーダーならではのスーツ

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

紳士服にまつわる用語集

梳毛と紡毛の違いと特徴

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

スーツ

スーツが変色してしまう理由

スタイリングテクニック

スーツの着こなしをダサくする7つの理由とは?仕立て屋が解説!

  • 出張販売致します。


▲最上部へ