|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


生地ブランド

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「生地ブランド」カテゴリーの記事

2017/10/09

生地ブランド

Post Title

180年の歴史 世界中で愛される「MOON」

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

ムーン

180年の歴史と世界中で愛されるMOON

長い歴史

MOONは、第6代女王ビクトリア女王が英国の王位に継承された1837年にABRAHAM MOON氏によって設立されました。

地元ヨークシャーの手織り業者に糸を供給し織物の製造を開始。当時は家庭で糸を紡いでおる小さな手工業で生産されていた英国のツイード(ホームスパン)を買い取り、仕上げて販売するというスタイルでした。

生地作りに適した環境

現在の工場は1868年に建築され、近くには鉄道駅、綺麗な水の供給源もあり、徐々に市場を拡大していきました。最初に建てられたビルは火災で焼失し、現存する一階建ての工場に建て替えられ現在に至ります。

スクリーンショット 2017-10-02 10.34.30

 

一貫した生産工程から生まれる伝統的な生地

MOON社の生地作りは、染色・紡績・仕上げまでの工程が一つの敷地内で一貫して行われている特別なものです。工場生産でありながら、ツイードが家庭でおられるホームスパンだった頃を蘇らせるような、伝統的なツイードは世界中の人から愛されています。

受け継がれる伝統的な製法と最新の技術

世界的に希少な生地作り

生地生産を一貫して行うことにより、品質の安定性や納期管理等を自社内でしっかりコントロールしています。この一貫して行う生地作りの工程は、英国国内では唯一で、世界的に見てもわずかなものになっています。

豊かな色合いを表現

染色の方法も魅力的で、500以上の濃淡や色合いを表現できるというMOON社の染色はツイードならではの味のある生地の風合いを生み出します。染色のレシピは保管され、代々受け継がれる伝統的なものになっています。

また品質の向上と能率の改善のため、常に最新の科学的な生産技術に最大限の投資を積極的に行なっています。

 

MOONの最新生地コレクション

IMG_7836

IMG_7837

IMG_7838

IMG_7839

IMG_7841

IMG_7842

IMG_7845

IMG_7846

IMG_7850

IMG_7851

IMG_7852

IMG_7855

MOONで作るツイードジャケット

色合い豊かな伝統製法のMOONで作るツイードジャケットは¥46500円〜オーダーしていただけます。この季節きやすいジャケットが作れますのでおすすめです。

ジャケット生地、ムーンの生地にご質問のある方はLINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

カジュアル

麻素材のシワの悩みは無用?

カジュアル

ベスト(ジレ)のご提案の中で改めて気づく事

カジュアル

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】

スーツ

仕立て屋の新卒 新入社員が最初にオーダースーツを3着揃えた時の話

スーツ

手縫いのボタンホールの話。

スタイリングテクニック

筋トレをされる方のスーツについて!

生地ブランドの新着記事

スーツ

フォックスブラザーズのものつくりに魅せられる

ウエディング

シャツブランド【トーマスメイソン】オーダーシャツフェア

生地ブランド

イタリアの老舗ブランド「Tollegno1900(トレーニョ)」

生地ブランド

天然素材にこだわり抜いたイタリア「トラバルド・トーニャ」

生地ブランド

高い機能性と洗練されたスタイルが特徴「DRAGO ドラゴ」

生地ブランド

デザイン性の高い英国生地「サヴィルクリフォード」

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

  • 出張販売致します。


▲最上部へ