|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


スタイリングテクニック

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「スタイリングテクニック」カテゴリーの記事

Post Title

【マッチョのスーツの選び方】筋トレをされる方のスーツについて

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

【マッチョのスーツの選び方】筋トレをされる方のスーツについて

バスト・ウエストとスーツのバランス

バストが大きく、ウエストが絞れている体型、つまり体を鍛えている人のスタイルは、通常スーツのバランスとして非常に適しており、カッコ良いスタイリングができます。

しかし、筋トレを続けてある程度筋肉が大きくなると、既製品などの多くの人に適応してくれるようなスーツのサイズ、バランスでは合わなくなってきます。

洋服の専門の用語として「ドロップ値」というものがあります。

これは男性の「バスト」と「ウエスト」の差の寸法のことです

例えば、バストの寸法が100cm、ウエストの寸法が88cmの場合「ドロップ値」は12cmです。

男性の既製品のスーツは、バストの周囲とウエストの周囲の差「ドロップ値」が約12センチのバランスで作られていることが多いです。

トレーニングをしている方は胸筋が発達しバストが大きく、ウエストが絞れている方が多いですが、胸とウエストの周囲の差が12センチ以上ある方は、基本的に既製品では合わないところが出てきます。

筋トレをしている人のスーツはオーダーをお勧めするのは、このように、既製品の寸法では大きく合わないバランスがあり、スーツのスタイルを悪くしてしまう可能性があるためです。

筋トレをされる方は、ぜひオーダーメイドのスーツを

このようなことから、習慣的にトレーニングを行なっている方は、スーツはぜひオーダーメイドしてみてください。

私はボディビルダーの方やフィジーカーの方ほどの筋肉はありませんが、筋トレ好きの一人として、またオーダーメイドのフィッターとして、、、

トレーニングをされる方がオーダーメイドスーツを作るとき「着目していただくポイント」を考えていきたいと思います。

 

トレーニングをされる方がスーツを作る時のポイント

トレーニングをされている方に向け、筋肉の部位でスーツを作る時の最大のポイントというと、

  1. 大胸筋
  2. 僧帽筋

です。

大胸筋

まず、トレーニングをされている方の多くが、発達している大胸筋。

特に上部をしっかりと鍛えている方は、胸の厚み・丸みがあります。(胸筋の上部、大事ですよね!)

そんな時は、襟の部分に切り込みを入れ、胸の丸みに合うように仕立てます。

これは「ゴージーカット」と言い、この切り込みが入ることで、胸の厚み・丸みに対してジャケットの襟の部分が丸みを作り、フィットして胸が浮かないようにします。

僧帽筋

スーツで重要?となるような、意外な部分、背中や肩のトレーニングによって大きくなる僧帽筋です。

この部分は、トレーニングをしている人でないと発達するという感覚がわかりずらいかもしれませんね。

トレーニングしていないテーラーは見落とす人も、もしかしたらいるかもしれません。

「スーツのジャケットは肩で着る」と言われるほどですが、僧帽筋の発達により、ジャケットのフィッティングでもっとも重要な「肩周り」が合わなくなってきます。

ここでは、僧帽筋の発達に合わせ「なで肩」の補正を入れ対応します。

なで肩の補正は一般的には、肩先が落ちていて肩の傾斜が大きい時に施しますが、僧帽筋の発達によっても肩の傾斜は大きくなります。

「なで肩」の補正で肩の傾斜を大きくすることで、肩に乗るような着心地を再現できます。

この肩傾斜の補正を入れないと、ジャケットの背中の布の方に影響し、不自然なシワができ、シルエットが崩れます。

トレーニングをしている人のオーダーのポイント

もちろん他の部分に関しても、丁寧に採寸するということに関しては違いはありませんが、筋肉の発達した人は、ちょっと気にしていただきたいような、細かな仕様、補正に関しての2つのポイントでした。

時期によってはサイズが大きくなるであろうボディビルダーやフィジーカーの方は、バルクアップの時期に採寸にきていただくといいかもしれませんね笑。

これからトレーニングを始める方も、すでに行なっている方も、オーダーメイドのスーツやジャケット、パンツをお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

 

【スーツを着るトレーニー必見】オーダースラックスのサイズが合わない理由 | 俺のTailor(俺のテイラー)
筋トレをしている人がオーダースラックスのサイズが合わない理由 YouTubeや海外からの情報、動画、オリンピックなどの影響で、日本でもフィットネスが非常にはやってきています。 スーツをオーダーされるお客様にも、トレーニン …

 

スーツ・ジャケパン・タキシード・着こなしについてなど、なんでも。LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

カジュアル

ビジネスでのジャケットの着こなしについて

カジュアル

ドラゴの最旬色使いの生地で仕立てるカジュアルジャケット

カジュアル

イギリスのコットンスーツの表情を学ぶ

スーツ

ゼニアのトラベラーで仕立てる発色の良いネイビースーツ

スーツ

デルフィノならではの総柄デザインで仕立てるスリーピース

スーツ

イタリアのブラウンソラーロで仕立てるレディースダブルブレスト

スタイリングテクニックスーツ仕立て屋の提案の新着記事

カジュアル

ビジネスでのジャケットの着こなしについて

ウエディング

ALBENI1905(アルベニ1905)のビジネスネクタイ

スタイリングテクニック

春夏の定番「ホップサック」「モヘア」「リネン」「トロピカル」を知…

カジュアル

オーダージャケットの生地選びとトレンド

スタイリングテクニック

夏ならではのソラーロの生地で体感する生地を選ぶ楽しみ

カジュアル

【毎朝の悩みから開放】一週間の着まわしコーディネイトを仕立てる

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

スタイリングテクニック

【マッチョのスーツの選び方】筋トレをされる方のスーツについて

紳士服にまつわる用語集

梳毛と紡毛の違いと特徴

  • 出張販売致します。


▲最上部へ