|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら


スーツ

-

ビジネスウェアを必要とする多くのビジネスマンや経営者、起業家、ビジネスに成果を求める人。

あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない実用的な服「リアルクローズ」を、俺のTailorは提案いたします。

この記事は「スーツ」カテゴリーの記事

Post Title

洋服の縫製、何が違うの?

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

 

日本の縫製技術がナンバーワン!

日本人のものづくりの技術は様々な分野で世界一と言われますが、洋服の縫製においても同じ事が言えます。

 

こんな事を書いていると地中海からハサミが飛んできそうですが(笑)、正確に言うと日本の”縫製工場”の技術は世界一だと思います。

 

先日、縫製工場に行った時”芯据え”の工程を見ていて思いました。これは間違いなく世界一だな、、と。

 

 

芯据えしかり、イセ込みしかり、穴かがりやプレスにしてもそれ専門の人がする仕事はやはり無駄がなく綺麗です。

 

もちろん良い職人さんは世界中にいると思いますが、やはり、効率や機械に対しての見識、専門分野に特化した職人さん達のプロフェッショナルさには敵いません。

 

外なら2日で出来るよ!?

先日冗談みたいで本当のお話しなんですが、初めて知り合った方にテーラーだと自己紹介をすると東南アジアの国で仕立てたというスーツを見せられ

 

『これ3万円で作ったんだけど、旅行に行っている間の2日間で出来たよ?』

 

『日本で作ったら1ヶ月もかかるでしょ?』『日本で作る気にならないよね。。』

 

今思えば私は試されたのかもしれませんが(笑)、その堂々とした感じに圧倒されてしまいその時には言葉を返せませんでした。

 

当店の縫製工場では品質管理に拘った結果、生地の湿気を取る為に湿度管理室で2日間生地を寝かせる為だけに期間を要します。

 

当たり前ですが、それとは目指しているところが違います。

 

服の縫製の目指すところは


【社員食堂に掲げられた職人さん達の想い】

 

当たり前の様で知らない方も多いのですが、洋服において目指しているところはまず【立体的な作り】なんです。

 

人間の肩や胸、お尻、こういうところにはカーブがありますよね?

 

平面で出来た生地をプレスや縫製技術で丸く仕上げていくのです。

 

私達フィッターとこの技術を共にする事で初めてしっかりと肩に沿うスーツに仕上がるというわけなんですね。

 

改めて当店もこの日本の技術を残す為にも頑張っていかないと、と思った出来事でした。

 

 

 

 

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「倉持悠也」

筆者「倉持悠也」について

倉持悠也プロフィール

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

大学卒業後勤めた会社で上場、倒産、新会社の立ち上げという激流に流されたTwenties。

自ら城を築くべく、「俺のTailor」を立ち上げる。

しかし、経営者の道のりこそ激流だと気付いたRecentry。

趣味はサーフィン、出来れば南の島で時の流れに身を任せたい。

詳細プロフィールを見る

倉持悠也に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

川越グルメ・見所

遠方からのお客様へ川越グルメ・見所ガイド【乾物 轟屋(とどろきや…

生地ブランド

フォックスブラザーズ「FOX TWEED(フォックスツイード)」

生地ブランド

一流ブランドも愛する生地「MARLING & EVANS(マーリ…

ニュース

2019AW 俺のTailor オーダーシャツフェア

生地ブランド

ロンドン発の斬新なツイード「DASHING TWEEDS(ダッシ…

生地ブランド

紳士服地の最高峰「ERMENEGILDO ZEGNA ELECT…

スーツ仕立て屋の提案雑談の新着記事

スーツ

【2019-2020秋冬Pick up!】Canonico・Su…

スーツ

ナポリ、アリストンからの特別なオファーによる生地

スタイリングテクニック

ネイビー、グレー以外のスーツ

カジュアル

シャンブレーの表情を知る

カジュアル

スーツ・ジャケットにおいて季節ごとに変わる素材の違い【春夏編】

スーツ

仕立て屋の新卒 新入社員が最初にオーダースーツを3着揃えた時の話

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

  • 出張販売致します。


▲最上部へ