|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


Post Title

HARRISONS OVERCOTINGS(ハリソンズ オーバーコーティングス)

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

HARRISONS OVERCOTINGS(ハリソンズ オーバーコーティングス)

ハリソンズのオーバーコーディングスは、コート地コレクションの決定版として欧州の名門テーラーの間で高く評価されてきました。

代表的クオリティーである肉厚の100%カシミアは、触れるだけでも分かる極上のクオリティーを誇りますが、本当の素晴らしさはその美しい仕立て映えと最高に暖かい着心地にこそあり、真の上質を求める欧州のエグゼクティブ、王侯貴族から愛されてきました。

他にも様々なクオリティーが収録されており、着用する場所の気候・環境に合わせてセレクトしていだだけます。

コート生地を選ぶときに見るポイント

コートの生地の種類は様々で、「ポイント」として「素材、素材の割合、重さ、織り方」などを見ることによって、作りたいコートの生地を選ぶことができます。

素材

コート生地に使用される素材としては、ウールやカシミアが代表的です。

ウールは耐久性があり、シワになりにくく、保温性にも優れます。

織り方にもよりますが、光沢感のある生地やハリのあるしっかりとした生地、ふんわりとした生地まで様々です。

カシミアは、軽く、柔らかく、光沢が素晴らしく、保温性に優れ、コート生地の中でも高級とされる素材です。

しかしデリケートであり、ブラッシングなどこまめなメンテナンスが必要です。

素材の割合

ウールとカシミアをブレンドさせ、それぞれの欠点を補ったり、いいとこ取りをしたりと、それぞれのバランスを考え構成している生地が存在します。

コートの生地で素材を混ぜて仕立てる場合、一般的には、デリケートとされるカシミアの素材に、耐久性のあるウールの素材を混ぜることが多いです。

重さ

コート生地の重さは「目付け」といい、生地1mあたりの重さが表記されています。

「500gms」などと表記され、数字が大きいほど生地が重くなり肉厚になります。

それにより、目付けの高い生地は暖かいなどと、素材のクオリティが判断できます。

ウール100%のコート生地で目付けは「450gから重いもので600g」くらいです。

カシミアは軽く温かいというのが特徴なだけあり、300gほどの目付けからコートの生地として存在します。

肉厚なカシミアほど高級とされることが多く、600gを超えるような目付けのカシミアコート生地も存在します。

オーバーコーティングス ラインナップ

ウール100% 600gms

ウール100%で目付け600gms。

ウール素材のコート生地の中でもしっかりとした重さが特徴的なクオリティ。

ヘリンボーンの柄と色使いが、ビジネスシーンと相性の良さと引き立て、スタイリッシュかつ温かみのある印象を与えます。

おすすめコートスタイル

シングルチェスター・ダブルチェスター・アルスター・Pコート・ハイマオカラー・ポロコート

カシミア100%  330gms

多く流通しているカシミアのコート生地の目付けが大体400gmsぐらい。

こちらは目付け330gmsと、軽めに仕立てることのできるクオリティの生地になっています。

「軽くて暖かい」そんなカシミアの特徴を存分に楽しむことができます。

おすすめコートスタイル

シングルチェスター・ダブルチェスター・アルスター・ステンカラー・Pコート・ハイマオカラー・トレンチコート・ポロコート

ウール100% 540gms

メルトン加工により、保温性を最大限に引き出したウール100%クオリティ。

高い耐久性もメルトンの良さで、定番のPコートとの相性も抜群。

ふんわりと空気を含む素材は、見た目よりもはるかに軽量で着心地も軽いです。

おすすめコートスタイル

Pコート・シングルチェスター・ステンカラー・ハイマオカラー

カシミア50% ウール50% 580gms

カシミアの光沢感と保温性、ウールの耐久性と機能性を兼ね備えた人気クオリティ。

580gmsと冬のコートに最適な目付けと、カシミアウールの風合いを楽しめます。

ほんのりとした光沢が美しく、カジュアルスタイルとの相性も抜群です。

おすすめコートスタイル

シングルチェスター・ダブルチェスター・アルスターコート・Pコート・ハイマオカラー・ポロコート

カシミア100% 580gms

高級なカシミアのクオリティを最大限に味わうことができる580gmsというクオリティ。

その圧倒的な暖かさと存在感は唯一無二となっております。

ハリソンズのコート生地の中でも最高級シリーズ。

ラグジュアリーな着心地を体感できる特別な一着を仕立てることができます。

おすすめコートスタイル

シングルチェスター・ダブルチェスター・アルスターコート・ステンカラー・Pコート・ハイマオカラー・ポロコート

ゴールデンベール85% カシミア15% 650gms

老舗紡績会社ジョセフ・ラム(羊の毛から糸に加工する会社)が、その年の最も優秀な羊毛の生産者に「ゴールデンベール賞」という生産者にとって最高栄誉の賞を与えています。

そのゴールデンベール賞を獲った極少量の素材、ゴールデンベールを85%カシミアを15%配合し、作られた生地となっており、肌に吸い付くような素晴らしい着心地と極上の温かさを生み出すのが特徴。

650gmsとしっかりとした目付けにも注目です。

おすすめコートスタイル

シングルチェスター・ダブルチェスター・アルスターコート・ステンカラーコート・Pコート・ハイマオカラー・ポロコート

キャメル100% 620gms

ラクダの毛100%のクオリティで、ウールの生産量に比べ0.1%のほどの希少価値があり、ヨーロッパなどでは、高級素材として扱われています。

キャメルの毛は「多孔質繊維」と言い、中心にたくさんの空洞があります。

ウールよりも保温性が高く、吸湿性、発散性にも優れ、コートの中を最適な温度湿度に保ってくれます。

軽く柔らかい着心地を作り出す希少なキャメルの生地、オススメです。

おすすめコートスタイル

ポロコート・アルスターコート・シングルチェスター・ダブルチェスター・Pコート・ハイマオカラー

ウール100% 850gms

850gmsという目付けが特徴。

重厚なコートを作ることができ、耐久性も非常に高いです。

堂々とした風格を表し、オーダーメイドによる着心地の良さを体感できます。

そんなオーダーならではの生地によって、ビジネスシーンに活躍してくれるコートを仕立ててみてはいかがでしょうか?

おすすめコートスタイル

シングルチェスター・ダブルチェスター・アルスターコート・ステンカラー・Pコート・Pコート・ハイマオカラー・ポロコート

ウール100% カバードクロス 560gms

現地の狩猟の用語にちなんでつけられた名前ですが、意味は「獲物の隠れ場所」

もともと狩猟用のコート生地であり、藪や湿地などのハードフィールドにおいて、硬くしっかりとした織り方による耐久性と防水性、さらにその織り方によって生まれる急な角度の綾目模様が特徴です。

おすすめコートスタイル

カバードコート・シングルチェスター・ステンカラー・ハイマオカラー・ポロコート

ウール85% カシミア15% 560gms

ウールの割合を85%と高くしたコート生地。

560gmsという扱いやすいコートではオーソドックスな目付けと15%配合したカシミアの保温性を十分楽しむことのできるクオリティです。

コストパフォーマンスの高さも人気の理由の1つです。

 

ハリソンズオーバーコーティングスについてきになる方は、LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

No Image

仕立て屋の提案

好きなスタイルで考える生地の産地「イタリア生地とイギリス生地のス…

紳士服にまつわる用語集

シャークスキンの柄について

仕立て屋の提案

【スーツのディテール】チェンジポケットとは?

生地ブランド

色柄豊かなイタリアの名門ミル「ANGELICO(アンジェリコ)」

生地ブランド

愛知県一宮の名門国産ブランド「DOMINX(ドミンクス)」

ウエディング

話題のリネン×ウールの生地で仕立てるフォーマルスタイル

コート生地ブランドの新着記事

コート

トレーニョのコスパとデザイン性

コート

Pコートの襟をオリジナル仕様で仕立てる

カジュアル

秋冬シーズンは「重い」生地でオーダー

コート

本格的な寒さに向け、コートのオーダーメイド

コート

世界最古の毛織物「PIACENZA ピアツェンツァ」

カジュアル

コートのカジュアルスタイルの定番【VENTILE ベンタイル】

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

スタイリングテクニック

【マッチョのスーツの選び方】筋トレをされる方のスーツについて

紳士服にまつわる用語集

梳毛と紡毛の違いと特徴

  • 出張販売致します。


▲最上部へ