|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら


ウエディング

-

人生最良の1日をオーダーメイドの自分達らしい装いで過ごす。

何年経って写真を見返しても、必ず「仕立てて良かったね」と想える一着を提供します。

この記事は「ウエディング」カテゴリーの記事

Post Title

【まとめ】結婚式参列のネクタイ選び、正解は?

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

結婚式にお呼ばれした時に締めていくネクタイ、当日の朝になって『さて、何を締めていこう?』と考える方って意外と多いですよね?

そんな方の為にも分かりやすく、ネクタイを色柄別に○△☓で向き不向きを評価してみたので是非参考にしてみて下さい♪

白やシルバーのネクタイ:△

『結婚式にお呼ばれしたら、【ブラックスーツにホワイトタイ】』、ひと昔前だったらこう言われていて、白いネクタイを一本持っていれば○でした。ただ現代に置き換えると面白みに掛けるので評価は△です。親族が締めているイメージもあって無難な印象が強いので、友人として出席するならもう少し遊びを入れたいところですね。

無地のネクタイ:○

ゴールド等発色の良い色の無地系のネクタイ。これはオススメの○です。基本的にスーツに合っていれば何色でもオッケーですが、黒の無地は日本ではお葬式を連想するので辞めておいた方が良いので気をつけましょう。

小紋柄や総柄のネクタイ:△

色や柄にも寄りますが、基本的にはビジネスっぽさが出てしまうので△。お祝いの席のコーディネイトにはあまり向いていません。

レジメンタルストライプのネクタイ:✕

レジメンタルは【連隊に属する】という意味で、実はストライプの柄に自分の所属を表す意味があり、それを知らずにフォーマルな場で着用する事はあまりオススメ出来ません。日本では、就活生が付ける様にビジネスのイメージも強いので結婚式では避けておいて間違いないネクタイの柄です。

パステルカラーやドット柄のネクタイ:○

パステルカラーやかわいいドット柄はもちろん結婚式にも向いていますね。英国王室の結婚式でもパステルカラーのネクタイを締めた参列者が数多くいました。(冒頭の写真)

織柄模様のネクタイ:○

花柄やペイズリーがあしらわれたジャガードで織られたネクタイ。これも結婚式に向いていますね。ペイズリー柄も実はパーティー向きです。

【素材編】ウールタイ:✕

基本的に結婚式等のお祝いの席のネクタイは光沢の美しいシルク100%が好ましいです。綿や麻、ウール等の入ったネクタイも季節感があってオシャレですが、結婚式には向いていないので✕です。

まとめ

レジメンタルストライプ等、ビジネスっぽくなってしまうネクタイは避ける、ネクタイの素材はシルク100%という事を抑えておけば、大体の物は大丈夫です。

どういう立場で参列者として出席するのか、という視点で考えてみると答えは意外と簡単かもしれませんね♪

実際には駄目なネクタイは少ないので、思い思いのスタイルで楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

スーツについてご質問のある方はLINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「倉持悠也」

筆者「倉持悠也」について

倉持悠也プロフィール

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

大学卒業後勤めた会社で上場、倒産、新会社の立ち上げという激流に流されたTwenties。

自ら城を築くべく、「俺のTailor」を立ち上げる。

しかし、経営者の道のりこそ激流だと気付いたRecentry。

趣味はサーフィン、出来れば南の島で時の流れに身を任せたい。

詳細プロフィールを見る

倉持悠也に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

スタイリングテクニック

イギリスの名門「ハリソンズ」で仕立てる魅力のオーダースーツ

シューズ

オーダースーツやビジネスカジュアルスタイルに合わせる靴

スーツ

フォックスブラザーズのものつくりに魅せられる

スタイリングテクニック

お客様の展示会に参加、ネクタイのトレンドを調査してきました!

スタイリングテクニック

夏ならではのソラーロの生地で体感する生地を選ぶ楽しみ

カジュアル

夏の印象を決めるオーダーシャツ選びの勧め

ウエディングスタイリングテクニックの新着記事

ウエディング

シャツブランド【トーマスメイソン】オーダーシャツフェア

ウエディング

ペイズリーのベストで彩るタキシードスタイル

ウエディング

ハワイの挙式で定番となったカジュアルな新郎コーディネート

ウエディング

カジュアルウエディングをイタリア生地にて

ウエディング

タキシードの正しい色とは?

ウエディング

ブルーが華やかなロングタキシードを仕立てる

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

  • 出張販売致します。


▲最上部へ