|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


カジュアル

-

トレンドに左右されることなく、より個性を引き出すためのジャケット&パンツのスタイル。

ビジネスシーン、オフタイムのコーディネートの幅をより豊かにし、一味違う「オーダーメイド」ならではのサイジングと存在感を演出。

季節ごとに変化する素材を楽しめる、世界各国からセレクトしたファブリックを中心に、 ベーシックでクラシカルな色や柄からクリエイティブで独自性のある生地まで、豊かなコレクションを揃えます。

この記事は「カジュアル」カテゴリーの記事

Post Title

秋冬オススメの生地紹介「Covert cloth(カバード クロス)」

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

秋冬オススメの生地紹介「Covert cloth(カバード クロス)」

すでに秋冬もののスーツのオーダーもいただいておりますが、先日はコートのオーダーをご検討していただいたお客様もいらっしゃいました。

お好きな方は、オーダーメイドの仕立て上がりの時期をよく知っていただいており、今の時期から秋冬のご準備ということです。

コートの生地が、まだまだ揃いきっておらず、時期をみてご来店していただくことになりましたが、カシミアなどのコート生地はすでに準備してあるものございます。

 

さて、コートの話のついでではありませんが、今期、大注目&品切れ注意のオススメ生地のご紹介です。

カバード・クロス

カバードコートというコートの名前を聞いた方はいらっしゃいますか?

現地の狩猟の用語にちなんでつけられた名前ですが意味は「獲物の隠れ場所」

もともと狩猟用のコートであり、藪や湿地などのハードフィールドにおいて、耐久性・耐水性の強い「カバードクロス」を使用してできたコートです。

生地の特徴としては、前に書いたように、硬くしっかりとした織り方による耐久性と防水性、さらにその織り方によって生まれる急な角度の綾目模様。

伝統的な生地からか、ヴィンテージ風のデザインも人気です。

まさに100年素材と言われるだけあり、堅牢なコートになるだけではなく、その伝統的なデザインによる飽きのこない仕立て上がりというのも、人気の理由の一つに挙げられます。

生地を見て行きます。

コートはもちろん、ジャケット単品やスーツも仕立てられるクオリティなのですが、仕立て屋としてオススメは、スラックス。

デニムに変わる英国的な装いとして、カバードクロスで作るスラックスをご提案とさせていただきたいです。

もちろんスーツとして上下作ることで、ジャケット単品、スラックス単品、スーツとして着回せるので、そのような着まわしのきくコーディネートもオススメです。

まずは、お試しとして、秋冬のスラックスのローテーションにいかがでしょうか?

今期最も品切れの早い生地と考えておりますので、気になった方はまずお問い合わせください。

 

カバードクロスについてご質問のある方はLINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

 

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

川越グルメ・見所

遠方からのお客様へ川越グルメ・見所ガイド【乾物 轟屋(とどろきや…

生地ブランド

フォックスブラザーズ「FOX TWEED(フォックスツイード)」

生地ブランド

一流ブランドも愛する生地「MARLING & EVANS(マーリ…

ニュース

2019AW 俺のTailor オーダーシャツフェア

生地ブランド

ロンドン発の斬新なツイード「DASHING TWEEDS(ダッシ…

生地ブランド

紳士服地の最高峰「ERMENEGILDO ZEGNA ELECT…

カジュアルスタイリングテクニックスーツ仕立て屋の提案の新着記事

カジュアル

【2019-2020秋冬Pick UP!】ANGELICO・Gi…

ウエディング

アロハシャツの歴史とオーダーアロハシャツ

カジュアル

【毎朝の悩みから開放】一週間の着まわしコーディネイトを仕立てる

カジュアル

シャンブレーの表情を知る

カジュアル

サスペンダーをつけることの意味

カジュアル

麻素材のシワの悩みは無用?

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

  • 出張販売致します。


▲最上部へ