|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら


雑談

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「雑談」カテゴリーの記事

2017/12/18

雑談

Post Title

音楽とスーツのスタイル

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

楽とスーツのスタイル

テレビドラマの衣装を仕立てたことからか、最近では舞台に立つためのステージ衣装をご用命されるお客様が増えました。多いのがジャズの演奏のためのステージでの衣装。確かにジャズマンというとスーツ姿が想像できるかと思います。

770px-Louis_Armstrong_restored

また、普段スーツを着ない方で多いのが、このアーティストの着ているようなスーツを注文したいというご注文。様々な年代のアーティストをきき、音楽好きな私にってはその衣装を設計するのはとても楽しいものです。

先日もご注文のあったヒップホップアーティストのスーツスタイルやジャズマンのスーツスタイルのご注文がありましたので、今回は「音楽とスーツ」の関係について書いていきたいと思います。

代におけるスーツスタイルの変化

スーツというものは、基本的な仕様は変わらずシルエットだけが変化してきた、衣類の中でもある意味特殊なもの。時代背景や流行、影響力のある人物の登場などで、スーツのシルエットが変化して来ました。

IMG_8680

特に音楽が与える影響というものは大きく、その時代の流行に反映されるほどの力を持っています。スーツも音楽により変化したものの一つです。前述した「ジャズ」という音楽もスーツのシルエットに大きく影響した音楽です。

ャズとスーツ

スーツに関わりの深い音楽で、歴史の長いものが「ジャス

ジャズというものは1930年ごろ、元々西洋の音楽理論とアフリカ系アメリカ人の独創的な音楽センスが掛けあわせられて作られたものです。

当時のライブハウスが奴隷的に扱われていたアフリカ系アメリカ人の人たちにスーツ着用を強要させたことが、ジャズマンがスーツを着るようになった歴史の一つだと言います。

白人の奴隷的な扱いに少しでも反抗しようとスーツのシルエットを変えたのが、当時アメリカで流行したスーツの原型、アフリカ系アメリカ人やメキシコ系アメリカ人(通称チカーノ)と呼ばれるギャング集団など好んだスーツ「ズートスーツ」です。

ズートスーツのシルエットの説明が難しかったのですが、映画「マスク」でジムキャリーが着用したスーツが「ズートスーツ」です。

_1_rect980

ジャズにはブルーノート、スウィングなどという掛け合いの演奏の用語が特徴なのですが、ズートというのも元々ジャズ用語で掛け合いとされたというもの。

1960年代

アメリカは1960年代頃になると、チカーノなどに見られるギャング集団は「ヒップホップ文化」を築いていくのですが、この「ズートスーツ」というのは今でもアフリカ系・メキシコ系のアメリカ人には正装として使用されています。

その頃のジャズのスタイルは、流行したロックンロールのファッションと掛けあわせられ、徐々に派生した細身でおしゃれなスタイルに変化していきます。

やがてギラッとしたソラーロという生地を使用したスーツも着用し始めました。このころに確立されたスーツが、「コンテンポラリースーツ」です。このころを代表するジンガー「オーティスレディング」を見るとコンテンポラリースーツがわかります。

otis-redding

統・技術を重んじるイギリスと自由な国アメリカ

伝統や技術を重んじて、本場のスーツスタイルを守り続けたイギリス。その中でも職人の技術比べとして、様々なディテールが変化しています。

thum01_big

一方アメリカは、自由な発想からスーツそのものを変化させ、全く違うスタイルまで確立させてしまう柔軟さ、素晴らしいです。

スーツは口ほどにものを言う

このようにシルエットのみが変化してきたスーツですが 、時代や流行など、多くの要素が入っています。映画を一つ見て見ても、スーツのシルエットから時代背景を追うことすらできるほど、スーツというものは「語るもの」なのだと感じました。

もし、次に仕立てるスーツがあるようでしたら、自分に変わって語ってくれるようなこだわりを考え、スーツに詰め、オーダーして見てはいかがでしょうか。

私はさらにファッションが好きになってきた気がします。

 

 

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「木村駿平」

筆者「木村駿平」について

木村駿平プロフィール

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

詳細プロフィールを見る

木村駿平に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

木村駿平プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
フィッター 木村駿平

木村駿平をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

ウエディング

カジュアルウエディングをイタリア生地にて

カジュアル

ライトグレーのカシミヤコートの裏地を彩る

カジュアル

唯一無二のコンセプトが目をひくネオンなジャケット

カジュアル

リラックス感がトレンドのジャージーな素材

スーツ

ロロピアーナの人気生地で仕立てるオールシーズンスーツ

スーツ

ゼニアのライトグレーを裏地で彩る

雑談の新着記事

雑談

クリスマスビールとブートニエール

雑談

ビリンガムのバックをカメラバックに

スーツ

スーツのボタンとフルーツビール

ニュース

2018秋冬最新コレクション情報 1

雑談

冬のビールから感じる紳士服

カジュアル

2018年秋冬 新作コレクションのネクタイ入荷

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

紳士服にまつわる用語集

『総裏』か『背抜き』か

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

スタイリングテクニック

【保存版】貴方に合うスーツスタイルは?

  • 出張販売致します。


▲最上部へ