|埼玉県川越市|オーダースーツ専門店|ビジネス・オフタイム・タキシード・シューズ・コート etc.|

当ブログについて

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら


ニュース

-

洋服において、男性の選択肢は狭いと言われます。

しかしだからこそ奥深いと考え、私達は着手であるお客様のパーソナリティを最大限に引き出す一着を仕立てる事に集中します。

かつて人々を魅了する数々のアートを生んだミラノ郊外の小さな町『ORENO』の様に、お客様にとっての唯一無二の存在になれる事を祈って。

この記事は「ニュース」カテゴリーの記事

2019/10/11

ニュース

Post Title

ハリソンズ社長のジェームス・ダンスフォード氏がご来店下さいました♪

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

俺のTailor埼玉県川越市のオーダーメイド専門店『俺のTailor』です。あなたのキャラクター、体型を最大限に活かした飽きのこない”リアルクローズ”をお届けいたします。 スーツだけじゃなく、シューズや新郎衣装等も取り扱っております。

ハリソンズ社長のジェームス・ダンスフォード氏が当店に来店!

英国を代表する紳士服地メーカーで赤いサンプルブックが特徴的な【HARRISSONS】の4代目社長であるジェームス・ダンスフォード氏が当店にご訪問頂きました♪

本社のあるエクセター(英国)から遠路はるばる当店に訪問頂き、日本の取引先店として交流を深めると共に、英国での現在の流行やオススメ生地、ジェームスのプライベート?に至るまでお話しを伺いましたのでその様子をお伝え致します。

ハリソンズのものづくり

【サンプル帳ごとに生地の雰囲気も変わり同じスーツ生地でも沢山の種類がある】

1863年創業、スーツの本場であるイギリスのサヴィルロウ通り(背広の語源となった地)にお店を構える全てのテーラーで服地が扱われ、最古のテーラーであるヘンリー・プール、ハンツマン、ギーブス&ホークス、アンダーソン&シェパードといった名門テーラーのメインサプライヤー(店舗の一番目立つ位置【一番地】に生地が置かれている)となっている事からももはやその品質は説明不要のハリソンズの服地たち。

「最上級の原毛のみが、最高級の服地を作り上げる」という哲学のもと、しっかりとした打ち込みで織り上げられるハリソンズの服地はアイロンワークでクセを付けやすく仕立て映えする事が縫製に関わる職人たちや多くの顧客に評価され続けている事に他なりません。

さらに言えば、世界中に出回っているスーツの生地のおよそ90%以上は横糸が単糸で構成されているとも言われる中、なんとハリソンズの生地は盛夏用の生地にいたるまで全ての服地が横糸も双糸の【縦横双糸】。

これによっても高い防シワ性や耐久性を担保し、長くに渡って着続けられる生地を供給し続けているメーカーとも言えます。

その場を美しく華やかに彩ろうとする多くのイタリアメーカーとの思想の違いは歴然かもしれませんが、言い方を変えれば【保守的】とも言えるそのものづくりが唯一無二とも言える紳士服地を生み出している理由となっているのではないでしょうか。

実際に冒頭の写真で私が着ているスーツもオールシーズン着られる【FRONTIER】の生地で既に仕立ててから5年は経っていますが、未だに新品と間違われるくらいです。

店主 倉持ハリソンズの服地って端的に言うとやっぱり丈夫なんですよね。ほんと商売的と言えないくらい(笑)。大事に着れば10年とか本当に余裕で持っちゃうものが多いですよね。
ジェームスそれが私達の考える理想の服地なんです。英国国内では仕立てたスーツやジャケットを息子や孫にまで何代にも渡って修理しながら着る、という文化があるんです。だからテーラーも家族ぐるみの付き合いが多い。私達はそれに応えなければいけないんです。
店主 倉持確かに我々テーラーからしても安心感がありますよね。サンプル帳も他のブランドと違って数年はリニューアルされないし、定番のコレクションはもうずっとリピートして作り続けてくれる。もし先にパンツが駄目になってしまってもパンツだけ作り直す事が出来るのはお気に入りのスーツであればある程嬉しいですよね。

ハリソンズのマーケットについて伺うと世界中で一番売れるのはやはり英国国内。ドイツやイタリア、日本も大きなマーケットだと言いますが、ハリソンズのものづくりに関しては全て英国国内のニーズを第一に考え、テキスタイルデザインから新しく発売されるコレクションに至るまでを英国国内に向けてディレクションしているとの事。

ヨーロッパをはじめ、世界各国に数多くの取扱い店がありますが、あくまでも【ハリソンズ】は英国を代表するブランドで有り続けているんだ、という事なんだと思います。

今季リニューアル【PREMIER CRU】と【REGENCY】

今季はハリソンズでも人気のシリーズ【PREMIER CRU】と【REGENCY(】がリニューアルとなっています。

イギリスの名門「HARRISONS OF EDINBURGH PREMIER CRU(ハリソンズオブエジンバラ プルミエクリュ」 | 俺のTailor(俺のテイラー)
  イギリスの名門「HARRISONS OF EDINBURGH PREMIER CRU(ハリソンズオブエジンバラ プルミエクリュ」 1863年、後のエジンバラ市長 サー・ジョージ・ハリソンによって創設された名 …
イギリスの名門「HARRISONS OF EDINBURGH REGENCY(ハリソンズオブエジンバラ リージェンシー」 | 俺のTailor(俺のテイラー)
  イギリスの名門「HARRISONS OF EDINBURGH REGENCY(ハリソンズオブエジンバラ リージェンシー」 1863年、後のエジンバラ市長 サー・ジョージ・ハリソンによって創設された名門マーチ …
店主 倉持今回約3年ぶりのリニューアルとなった【PREMIER CRU】と【REGENCY】はハリソンズのコレクションの中でもどんな特徴があるんでしょうか?
ジェームスハリソンズの中でも冬物スーツの定番として【FINE CLASSICS】がありますが、それよりも【PREMIER CRU】は軽く、そしてソフトです。カシミアも少しブレンドされているので独特のヌメリ感もあってとても上品。特に日本の気候では【FINE CLASSICS】よりも秋冬の定番としてフィットするんじゃないでしょうか。
店主 倉持確かに、【PREMIER CRU】の上級グレードに【CRU CLASSE】【GRAND CRU】もありますが、このワインの様な名前のコレクションは艶っぽくて柔らかく、セクシーな雰囲気がありますね。【REGENCY】はどうでしょうか?
ジェームス【REGENCY】はハリソンズが考えるブリティッシュモダンを具現化したシリーズでビジネスシーンのど真ん中とも言える位置づけです。日本でも秋〜春の3シーズン着用可能なウェイトで取り入れやすいですよね。また、【PREMIER CRU】もそうですが新しい色柄も増えたのでその辺りも見どころですよ♪
店主 倉持確かに、特に【PREMIER CRU】はブラウンや杢調の生地が結構増えましたよね?この前のPITTI(イタリアのファッションイベント)でもこのあたりは注目されていましたが、やはり英国国内でもそうなんでしょうか?
ジェームスこのところやはり英国国内でもブラウンは人気です。これは世界全体の流れかもしれませんが、スーツという物自体がビジネスだけというよりも趣味的な要素が強くなってきているのだと思いますね。ブラウンやチェック柄などファッション要素の強い色柄も増えてきていると思います。日本の顧客は皆おしゃれなので、色々と遊んでみて貰いたいですね♪

【PREMIER CRUのブラウン系の生地たち】

『日本の顧客はおしゃれ』。ジェームスが言うには、英国国内よりも街中で見かける人は日本人の方がおしゃれだそうです。

日本では雑誌やメディアが着こなしについてレクチャーしていますが、英国ではあまりそれはないそう。この辺りは文化の違いもあるかもしれませんが、日本人もおしゃれに対してもっと自信を持っていいかもしれませんね(笑)。

英国では親子で服を共有して息子にファッションをレクチャーするのが当たり前の様で、これは見習いたい文化だと思いました。

店主 倉持ジェームスさんが着ている、ジャケットはどちらで仕立てているんですか?
ジェームス私はいつもヘンリープールで、このジャケットもヘンリー・プールですね。若い時には他のお店で仕立てたり浮気もしましたが(笑)、結局は自分の親父と同じヘンリープールで仕立てる事が殆どですね。
店主 倉持(ヘンリープールの仕立てを見るのは初めてでまじまじと見る、触る、、、)思ったよりも軽い仕立てですね?勝手なイメージですけど、もっと英国の仕立てはしっかりしたイメージがあります。
ジェームス私達の作る服地は服地自体にハリコシがあるので、逆に言えば、柔らかい毛芯を使ったり、毛芯を抜いた軽い仕立ても相性が良いんですよ。ジャケットだって、アンコンにして毛芯を抜いてもしっかり仕立て映えしてくれるのが私達の服地の特徴です。
店主 倉持そうやってジェームスさんにそう言って貰えるのは自信になりますね!私達の扱う毛芯にもすごく軽くてナポリ的な仕立てを目指したものがあるんですが、ハリソンズさんの服地も相性が良いのでよく提案させて頂いています。

英国代表、ハリソンズの生地をお試しあれ!

英国のスーツ文化を代表するといってもよい、ハリソンズの服地たち。

サヴィル・ロウ通りに店舗を構える世界的に有名な名店でも取り扱われる服地を俺のTailorでもフルコレクション取り揃えております。

また、4月にリニューアルされたオールシーズン向けの【FRONTIER】を含めると今年はなんと3冊のサンプル帳が新しくなっています♪

この機会に是非、店頭でご覧頂きハリソンズの世界観をご覧頂ければと思います。

 

 

ハリソンズの生地についてきになる方は、LINE@にて相談を受け付けています。ご予約もこちらから!!

友だち追加

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!
  • オーダースーツ・オーダータキシードは『俺のTailor』で。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

この記事はと合わせてこちらもオススメ

  • あなたの自宅やオフィスに出張致します。

この記事を書いたのは「倉持悠也」

筆者「倉持悠也」について

倉持悠也プロフィール

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

大学卒業後勤めた会社で上場、倒産、新会社の立ち上げという激流に流されたTwenties。

自ら城を築くべく、「俺のTailor」を立ち上げる。

しかし、経営者の道のりこそ激流だと気付いたRecentry。

趣味はサーフィン、出来れば南の島で時の流れに身を任せたい。

詳細プロフィールを見る

倉持悠也に仕事を依頼・相談する

  • ビジネスマンの為のオーダースーツは『俺のTailor』で。

  • 最高の1日は『俺のTailor』のオーダータキシードで。

筆者について

倉持悠也プロフィール

俺のTailorが届けるのは、ビジネスマンが求めるリアルクローズ
店主 倉持悠也

倉持悠也をSNSでフォローするならこちら

ブログ全体の新着記事

川越グルメ・見所

遠方からのお客様へ川越グルメ・見所ガイド【江戸前すし 幸すし】

カジュアル

ミリタリーウェアの生地で作るカジュアルスタイル

カジュアル

スーツの納品とスタイリング

カジュアル

オーダージャケットの生地選びとトレンド

スタイリングテクニック

スラックスのクリースが消えなくなる「スーパークリース加工」

スタイリングテクニック

世界最高の傘 フォックスアンブレラ

ニュースの新着記事

スタイリングテクニック

世界最高の傘 フォックスアンブレラ

ニュース

キャッシュレス・消費者還元事業につきまして

ニュース

日本テレビ【ニッポンノワール】の衣装協力を致しました。

カジュアル

2019年新作ネクタイコレクション

ニュース

2019AW 俺のTailor オーダーシャツフェア

ニュース

『全裸監督』

ブログ全体の人気記事

紳士服にまつわる用語集

秋冬生地の定番「フランネル」「サキソニー」「メルトン」「ツイード…

仕立て屋の提案

スーツが破れた時の対処方は??仕立て屋ならではの技術「かけはぎ」

雑談

オーダースーツ店の店員がZOZOSUITのビジネススーツをオーダ…

仕立て屋の提案

ドラマ「SUITS」から学ぶスーツの着こなし

紳士服にまつわる用語集

生地の目付について

スタイリングテクニック

【保存版】貴方に合うスーツスタイルは?

  • 出張販売致します。


▲最上部へ