駐車場付ロードサイド店としてリニューアル

ORENO(オレーノ)というネーミングは、ファッション界をリードしてきたミラノの小さな街『ORENO』に由来しています。
この小さな街から数々の新しいアートやファッションが生まれ、今日まで人々を魅了し続けてきました。
私たちも創業5人というこの小さな集まりからより多くの方々とファッションを通じて新しい文化を創造したい。そんな祈り(ラテン語でOreno)がブランドの名前には込められています。

百貨店や都内のオーダーサロンでは敷居が高いし、価格面や接客にも不安がある。でも、毎日着るものだし、自分だけのサイジングで満足できるものを着たい。
そんな声に応えられる様に私たちは『俺のTailor』を始める事にしました。

始めましてオーナーの倉持です。
私は大学卒業から東京都内のベンチャー企業に就職し、20代の時間の殆どを会社と共に過ごし、その仲間とともに歩んできました。

しかし、30歳を目前とする中、これからはなにか自分で創っていける様な仕事がしたい。
そんな想いで会社を飛び出しました。
サラリーマン時代に着ていたオーダースーツにまたこんな出会いがあるとは知らずに…

多くの方々が日常的に着ているスーツやシャツ。
素材やデザイン、サイジングによって大きく表情を変える事が可能です。
30代の方には素材やデザインから香る『こだわり』を、40代、50代の方にはサイジングから香る『大人の色気』を楽しんで頂けます。

『俺のTailor』に関わった皆様が、毎日の生活をより若々しく、よりわくわくするものにして頂ければと思っております。
私自身も『俺のTailor』を通して自分だけのオーダーメイドに出会い毎日がより楽しいものになりましたから。