ギフトカード販売開始
  • サロン情報
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • ご来店予約
  • Recommend Contents
  • LINEに「俺のTailor」を追加する
  • 雑誌【SMART SUIT BIBLE】に掲載されました
  • ORENOコレクション
  • 訪問販売いたします。
  • ブログ
  • コラボ企画

英国生地「サヴィルクリフォード」

伝統と革新を兼ねそろえた英国生地

イタリアがビエラなら、イギリスはハダースフィールド、どちらも生地の生産がとても盛んな地区です。

 

ハダースフィールドは、良質な水が安定的に供給できるコルネ川とホルム川の合流地点近くにあり、古くから毛織物の産地として栄えてきました。

savile-clifford-logo

今回はそんなハダースフィールドにて生産されている「サヴィルクリフォード」のご紹介です。

 

イギリス生地らしい伝統的な雰囲気もありながら、なかなか見ないような目を引くデザインが素晴らしいサヴィルクリフォード。伝統と革新的なデザインのファブリックは今シーズンも大注目です。

テキスタイルデザイナーによるデザイン

現在、高級生地商社で知られるスキャバルの傘下にあります。生地産地であるハダースフィールドにて、最新の織機と優秀なテキスタイルデザイナーを採用し、イギリスの伝統的なテイストを残しつつ、現代的なビジュアルの美しい生地を作っています。

 

今シーズン、デリバリーされたばかりの生地見本。ピックアップして見ました。

 

いきなり目をひいた大柄なブロックチェック。こんな大胆なもの見たことないです。色味にクラシックな要素が混ぜ込まれていることにより、このような大きなチェックも馴染んでいます。

IMG_3421 

 

IMG_3427

 

IMG_3426

 

IMG_3425

 

IMG_3424

 

IMG_3423

 

IMG_3422

他にも、絶妙な幅のチョークストライプや、暖色の組み合わせの素晴らしいもの、寒色なのにクールな印象を持たない風合いは、デザイナーの職人技によるものでしょうか。どこから目線かわからないので申し訳ないのですが、今シーズンのAWコレクションも「さすが」でした。

イギリスらしい美しさ

イギリスらしい伝統的な柄、色合いを中心に、アダルティな色気、ツヤも感じさせます。英国生地ならではのハリ、コシ、重厚感のある見た目でありながら、光沢感も柔らかさもあるとても使いやすいスーツに仕立て上ります。

 

秋冬ならではの重厚感。重たすぎる印象は避けたいという方は、生地のデザインにて調節するのもいいですね。秋服のスーツスタイリングが楽しくなること間違い無いです。

 

知る人ぞ知る「サヴィルクリフォード」英国生地らしい質感だけでなく、色味でも楽しんで見てください。

 

 

 


今日のORENO BLOGを担当したスタッフは、””でした。
 
”はこんな人:
『初めまして、shuneiです!ビールと筋トレと洋服作りが好きな22歳です。流行りのスタイルからエッジの効いたものまで、日々着るスーツに楽しさと個性をお届けしたいです。』