- ブログ筆者について -

木村駿平プロフィール

木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。


Post Title

名作『トゥルーロマンス』に学ぶ、休日ファッション

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

名作から感じるファッション

ブログを閲覧してくださる方も増え、ここでの話題をご来店の際にしてくださる方もいらっしゃりとても嬉しく思います。ありがとうございます。

さて、実は普段から映画をよく見ている私、職業柄やはり衣装に目がいってしまいます。毎日のようにみているのでブログにできたらいいなと思っていましたが、主観的な感想文になってしまうのではないかとためらっていました。

やっぱり素敵な衣装たち、、、紹介したくなってしまいます。なので映画のレビューにならない程度に、あくまで「スーツの着こなし方」などファッションの面をメインに置いて映画を紹介できたらいいなと思っています。

普段はビジネスシーンでの着用を考えてブログを書いていますが、今回は休みの日に実践できるような、『映画から学ぶ休日のファッション』として参考にしてください。

映画のネタバレになってしまったら申し訳ないので、ぜひこの映画を見てから、このブログ見てみてください。

トゥルーロマンス

90年代のアメリカ映画がとても好きで、学生時代の私服や製作した衣装などはここからかなりインスピレーションを受けていました。

今回ご紹介するのはそんな時代の名作『トゥルーロマンス』

トニースコット監督、クエンティンタランティーノ脚本のラブストーリー?バイオレンス?アクション?とにかくいろいろな要素が詰まっています。

高校生時代から大ファンなこの映画。登場人物のキャラの濃さがとんでもないもので、ゲイリーオールドマンとブラッドピットが大好きになったのもこの映画からでした。やっぱり二人ともダーティーな役が似合います。

そして、最近また見直すと、やはり役者一人一人の衣装がとても素敵なんですね。

ゲイリーオールドマンの真似をして長めのレザーのハンチングをかぶったり、クリスチャンスレータを見て、ヴィンテージで輸入物の重たいM65をバイトして貯めて買ったりと、この映画から受けたファッションの要素はとても大きいものでした。

01e85abb2c30c7dfbe0b691321cd8ae9

トゥルーロマンス流、着こなし方

本題、トゥルーロマンス流、着こなし方です。

冒頭からクリスチャン・スレーターとパトリシア・アークエットが出会うシーンまで。20151001021135 

出会ってからのシーン。

True Romance 2

グレーのジャケットと赤いジャケットをM65の中にきています。冬の寒い時期なんでしょうね。ジャケットの中に合わせているシャツはクリスチャンスレーターの役がエルビスプレスリーを愛しているからか、ロカビリーテイストが混ぜ込まれています。

グレージャケットの生地は暖かい紡毛生地。柄はウィンドペンのような柄。ネップ柄などと呼ばれるロカビリージャケットに見られるものです。袖は太く、ボタンは三つでした。肩パットとラペルの幅の大きさが90年代を感じさせますね。

赤いジャケットはよく見るとキラキラと柄が見えます。こちらもおそらくエルビスプレスリーが好んで着用していた、カスリ柄(ネップ)と呼ばれている柄なのではないでしょうか。横レップです。こちらも袖は太く三つボタン。

劇中衣装のディティールを知る

二つに共通するのは、レップの織柄と着丈の長さ、袖の太さ、テイストなど。キャラクターがとてもわかりやすいです。洋服やスーツに詳しい方は、この衣装だけで、この人物の内面がわかってしまいそうです。

影響され、ロカビリーテイストのあるネップ織りの生地をピックアップして見ました。ネップは糸が絡み合ってできる節のこと。独特な風合いがあります。

ランバン

ネップは見えますが、、、綺麗すぎますね。もっとざっくりで、荒々しいのがないものか、、、

IMG_7490 IMG_7491 IMG_7492 IMG_7493

 

国産生地 コルキス

ネップも見えるし、ざっくり感は出ましたが、やはり上品ですね。ロカビリーの不良っぽい生地が見つからないです、、、どこかにあるはず。。。

 

IMG_7500

IMG_7499

IMG_7498

組み合わせやコーディネート次第

ディテールを決め、コルキスの生地などを使用すれば、あとはコーディネート次第でクリスチャンスレーターのようなビッと男らしいジャケットが作れると感じました。さらに全く同じスタイルが良いというご要望あれば、できる限り探したいと思っています。

 

休日のスタイルは、アメリカンムービーな気分を味わって見てはいかがでしょう。映画好きの方も、俳優さんのきているものがかっこいいなど思われましたら、衣装の再現などのお仕事も是非ご相談くださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!

- ブログ筆者について -

木村駿平プロフィール

木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

  • ご予約は「俺のTailor」店舗HPにて

  • 出張販売致します。

- ブログ筆者について -

木村駿平プロフィール

木村駿平

某ファッション学校にて、レディースオートクチュールのパターン作成、縫製を専攻。

卒業後、「俺のTailor」に入社。

奥深い紳士服の世界に刺激を受けながら、日々勉強中。

趣味はワークアウト。自分のオーダースーツが着れなくなるほどの体型変化に気がかりながらも
週に3回トレーニングに費やす。サプリメント中毒者。

ブログ全体の新着記事

スクリーンショット 2017-12-01 15.01.03

ORENOBLOG

タキシードのショールカラーとピークドラペル

IMG_9460

ORENOBLOG

ロロピアーナで作るベストスタイル

IMG_9481

ORENOBLOG

イタリア生地で作るアルスターコート

fashion-2541001_960_720

ORENOBLOG

初めてオーダーするコートのオススメ

IMG_9401

ORENOBLOG

チャコールグレーのシャドーストライプスーツ

IMG_9434

ORENOBLOG

結婚式参列のためのミッドナイトブルータキシード

ORENOBLOG仕立て屋の提案の新着記事

スクリーンショット 2017-12-01 15.01.03

ORENOBLOG

タキシードのショールカラーとピークドラペル

IMG_9460

ORENOBLOG

ロロピアーナで作るベストスタイル

IMG_9481

ORENOBLOG

イタリア生地で作るアルスターコート

fashion-2541001_960_720

ORENOBLOG

初めてオーダーするコートのオススメ

IMG_9401

ORENOBLOG

チャコールグレーのシャドーストライプスーツ

IMG_9434

ORENOBLOG

結婚式参列のためのミッドナイトブルータキシード

ブログ全体の人気記事

スクリーンショット 2017-10-06 12.48.39

ORENOBLOG

月9ドラマ『民衆の敵』に衣裳協力致しました。

IMG_9293

ORENOBLOG

『総裏』か『背抜き』か

IMG_4431

ORENOBLOG

イタリア ナポリの高級希少ブランド「アリストン」

DSC_2365

ORENOBLOG

天然素材にこだわり抜いたイタリア「トラバルド・トーニャ」

IMG_2423

ORENOBLOG

コットンでスーツをグルカ風に仕立てる

11845485_o1

ORENOBLOG

ブラックウォッチとは?

  • 出張販売致します。